ビジネスパーソンのグローバルスーツ選び

中年体形からやせ形まで お悩み別似合うスーツの心得とは
グローバルな服装基準とは④

たかぎ こういち (髙木 浩一)

1952年大阪生れ奈良県立大学中退。20歳過ぎに単身渡欧し大阪にて服飾雑貨輸入卸業を起業。25歳にて法人化し代表に就任、その後順調に業績を伸ばし30歳にて不動産賃貸業、小売店、法人2社を経営。バブル崩壊後95年に兵庫県芦屋市自宅にて阪神大震災に被災し97年2月破産手続き。友人の助けで再起を目指し単身香港に渡る。98年に合弁会社設立にて(現)フォリフォリジャパングループの役員就任、新たな出会いを活かし数社を共同起業し人生を再建。60歳を機に共同経営の会社を退任、充電後に61歳にして人生7度目の起業を志し62歳で『オロビアンコの奇跡』を初出版した懲りないオヤジです。

ビジネスパーソンのグローバルスーツ選び

»最新記事一覧へ

体形別スーツの選び方

1.BMI25以上の方

iStock

 S(サイズ・シルエット)は全体のバランスをとります。細身ではなく肩幅のある上着でラペルも広めを選びます。ウエストを正しく合せたパンツを着用。F(ファブリック)は拡大して見える柄物や太いストライプは禁物。C(カラー)は明るい拡張色は避けます。では恒例のたかぎ式の一覧表にまとめます。

2.顔や上半身が大きい方

iStock

 Sは1の方と同じでボクシィなスタイルが基本。パンツは太めのストレートでバランスをとります。Fはパンツにボリュームある素材が良いです。C上着は膨張色をさけますがパンツには取り入れます。では、説明よりわかりやすい、お待ちかねの一覧表です。

3.足の長さが気になる方

iStock

 西洋人の体形に合わせて発達した洋服は平均的日本人には似合いにくいのは必然です。視点を上に持ってゆくようにすればおのずと下半身が長く見えます。Sは上着丈を短め、パンツはセンターラインを入れた細めのストレートかフレアーを選びます。Fはしわになりにくい素材。Cは膨張色を避けましょう。もちろん一覧表です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「ビジネスパーソンのグローバルスーツ選び」

著者

たかぎ こういち(髙木 浩一)

1952年大阪生れ奈良県立大学中退。20歳過ぎに単身渡欧し大阪にて服飾雑貨輸入卸業を起業。25歳にて法人化し代表に就任、その後順調に業績を伸ばし30歳にて不動産賃貸業、小売店、法人2社を経営。バブル崩壊後95年に兵庫県芦屋市自宅にて阪神大震災に被災し97年2月破産手続き。友人の助けで再起を目指し単身香港に渡る。98年に合弁会社設立にて(現)フォリフォリジャパングループの役員就任、新たな出会いを活かし数社を共同起業し人生を再建。60歳を機に共同経営の会社を退任、充電後に61歳にして人生7度目の起業を志し62歳で『オロビアンコの奇跡』を初出版した懲りないオヤジです。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍