BBC News

2016年2月22日

米中西部ミシガン州の3カ所で20日に起きた乱射事件について、警察は21日早朝、45歳のタクシー運転手を追跡の末に逮捕した。事件では合計6人が死亡したほか、14歳の少女を含む2人が重体。

調べによると、ジェイソン・ブライアン・ダルトン容疑者は配車アプリ「ウーバー」に登録していた運転手だという。

警察は容疑者の車内から武器を押収。逮捕には抵抗しなかったという。動機はまだ特定されていない。

捜査当局は、容疑者が3カ所で発砲する合間に客をとっていたか調べている。

最初の発砲の直前にダルトン容疑者の自動車に乗った地元住民は、危険な運転で恐ろしい思いをしたために警察に通報したという。

事件のあったカラマズー郡のゲティング検事は、容疑者は数件の第一級殺人罪や殺人未遂罪で訴追される見通しと話した。

連続発砲事件は、マンションの外、起亜自動車の販売店前、およびチェーンのレストラン「クラッカー・バレル」の店舗前で連続して起きた。

・現地時間午後5時半(日本時間21日午前7時半):カラマズーの集合住宅前で女性が数回撃たれる。女性の子供たちもそこにいたという情報もある。女性は病院に運ばれ、重体。

・同午後10時ごろ(同正午ごろ):自動車販売店の前でタイラー・スミスさん(17)と父リチャード・スミスさん(53)が撃たれて死亡。もう1人も撃たれて負傷。

・同午後10時15分(同午後0時15分):「クラッカー・バレル」の駐車場で、メアリー・ルー・ナイさん(62)、ドロシー・ブラウンさん(74)、バーバラ・ホーソーンさん(68)、メアリー・ジョー・ナイさん(60)が撃たれて死亡。14歳の女の子が重傷。

ウーバー社は、ダルトン容疑者の身元調査をしたと説明した上で、事件について「恐ろしいことで、打ちのめされている」とコメント。警察も、過去の犯罪歴はないと確認している。どの被害者も、容疑者の乗客だったことはないという。

(英語記事 Kalamazoo, Michigan: Taxi driver held over 'random' killings)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/35628295

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る