BBC News

2016年2月23日

1000万人以上が断水状態に置かれたインドの首都で23日、給水が少しずつ再開された。カースト制度をめぐる抗議として、市内大半の水源となっているムナク運河が壊され占拠され、一時は市内のほとんどが断水した。軍が22日にデモ隊を退去させて運河の一部を管理下に置き、修理作業が始まっている。

デリーのミシュラ水道担当相は「危機はまだ終わっていない」と、慎重に水を使うよう呼びかけた。

ミシュラ氏によると、23日朝に運河から水が少しずつ供給されるようになり、デリー中心部や北部の一部で給水できるようになった。

デリーの人口は約1600万人で、市内の水道水の約6割は隣接するハリヤナ州を流れるムナク運河から供給される。

市内の学校は断水のため一時、全校休校となったが、給水再開と共に学校も再開した。

デリー水道局のケシャブ・チャンドラ氏はBBCに、市内の断水地域全域で水道が復活するには「3日から4日かかる」と話した。運河を破壊するという事前通告があったため、市民は水をためて準備することができたし、断水地域には給水タンクを派遣することができたが、それでも十分ではないとチャンドラ氏は言う

抗議行動に出ているのは「ジャート」と呼ばれるカーストのグループで、公務員の採用や大学入試など雇用における低カースト優遇制度を自分たちにも適用するよう求めている。インド北部ハリヤナ州ロータクで19日に激化した「ジャート」の抗議で、これまでに18人が死亡し、数百人が負傷している。

デリー首都圏のアルヴィンド・ケジリワル首相はツイッターで、軍は「デリーにいつごろ水が届くのか、運河の破損の程度はどれくらいかを把握しようとしている」と書いた。

デモが暴動と化したロータクやジャジャール地区では、軍がデモ隊に向けて発砲したという情報もある。

ハリヤナ州政府のラム・ビラス・シャルマ氏は、事態は沈静化しつつあり、高速道路や鉄道の交通は回復したと述べた上で、州政府が次の州議会にジャート住民のための雇用割り当て法案を提出すると言明した。

インドの連邦政府も、ジャート住民の抗議内容を取り上げるトップレベルの政府委員会を設置すると表明している。

「ジャート」の人たちはなぜ怒っているのか

・インドのカースト制度の中で「ジャート」と呼ばれる人たちは比較的裕福で、伝統的に上位カーストとみられてきた。

・主にハリヤナ州および他の北部7州に暮らしている。

・ハリヤナ州の有権者の27%を占め、州議会(定数90)で議席の3割を確保しているため、政治的に影響力が強い。州政府の閣僚10人の7人が「ジャート」。

・「ジャート」は現在、上位カーストと分類されているが、低カーストに1991年以来認められてきた教育・雇用優遇措置に、自分たちも含めるよう要求している。

・2014年3月には中央政府が「ジャート」を、公務員採用で優遇される「Other Backward Castes (OBC、その他後進諸階層)」に分類し直すと表明。

・これに対して最高裁は2015年、「ジャート」は「OBC」に該当しないと判断。

・民間部門の就職難が進み、農業収入が減少するなか、「ジャート」は公務員就職を容易にするため、「OBC」として再認定するよう求めている。

(英語記事 India caste unrest: Ten million without water in Delhi)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/35638151

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る