書籍詳細

やっぱり今日も病んでいる (注)うつ病
藤臣柊子 著

目次
立ち読み


本書は、「脳みそ系」の病と20年以上つきあってきた漫画家・藤臣柊子さんがうつについてあれこれ綴ったもので、6年ぶりの書き下ろし作品になります。
「うつ系の薬は体に悪いのでは?」「病院に行くと治るものなの?」「病院はどこがいいの?」「どうやったら、うつが軽くなったり治ったりするの?」「周りには『うつ』 って言わないほうがいいの?」など、うつに悩む人はもちろん、うつかもしれないと悩んでいる人にとってはもちろん、うつの人に対してどう接していいかわからず悩んでいる人にも参考になる1冊です。

<書籍データ>
◇四六版並製、192頁 
◇定価:本体1,200円+税
◇2009年11月20日発売
◇ISBN: 978-4-86310-060-2

<著者プロフィール>
藤臣柊子(ふじおみ・しゅうこ)
1962年東京生まれ。1982年「別冊少女フレンド」でデビュー。現在は仕事のフィールドを文筆業まで広げ、幅広いファンを持つ。
『人生とはなんだ』(祥伝社)、『みんな元気に病んでいる。心がしんどい普通の人々』『病気じゃないよ、フツーだよ』(光文社・知恵の森文庫)、『精神科に行こう!』(情報センター出版局・大原広軌氏との共著)など著書多数。

 

 

やっぱり今日も病んでいる (注)うつ病

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号(10月20日発売)

特集
「大量離農時代」の切り札 スマート農業

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号

特集
よみがえれ、湖国の恵み

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。