BBC News

2016年2月24日

»著者プロフィール

オバマ米大統領は23日、キューバにあるグアンタナモ米海軍基地の収容所を閉鎖する計画を、議会に提出したと発表した。オバマ大統領は就任から間もなく、グアンタナモ収容所を閉鎖する方針を表明していた。

大統領は、いまだにグアンタナモに残るテロ容疑者91人を、それぞれの本国もしくは米国内の施設に移転したい考え。しかし連邦議会は、テロ容疑者を米本土で収容することに強い抵抗を示しており、政府提案を阻止する可能性が強い。

ホワイトハウスの計画の要点は次の通り――。

・収容者91人のうち、特定の35人を外国に移送

・残る収容者について、収容継続が必要か判断するため定期的に見直しを行う

・残る収容者の取り扱いについて、法的措置を活用し続ける

・外国に移送しない収容者を米国内の施設に移送するため、連邦議会と協力する

2002年以来780人を収容してきたグアンタナモ収容所の年間維持費は、4億4500万ドル(約500億円)に上るが、米政府は閉鎖によって、年間1億8000万ドル(約202億円)の経費が節約できるとしている。

大統領は報道陣を前に、収容所が米国の安全保障を損なうものだとの考えを示した。さらに、就任直後から収容所閉鎖を目標として掲げてきたオバマ氏は、来年1月に自分が退任後、この問題を後任の大統領に任せるべきでないという考えを示した。

「施設を使い続けるのは、我々の価値観と異なる。世界におけるこの国の立場を損なう。我々は法の支配の高い規範を尊重する国だが、(グアンタナモは)その経歴の汚点だとみられている」

「この国の歴史の章をひとつ閉じるための動きだ。この国が前進するにあたって指針となるべきことを、私たちは9・11以降学んできた。その学びを反映する動きとなる」と大統領は述べた。

しかし大統領選に共和党から出馬しているマーコ・ルビオ上院議員(フロリダ州選出)は、収容者は「文字通り、敵性戦闘員」であり、米国本土に入れるべきではないと痛烈に批判。自分ならば拘束したテロリストはただちにグアンタナモへ送り「何を知っているのか調べる」と述べた。

グアンタナモ収容所はキューバ南東部にある米海軍基地の敷地内にある。2001年9月11日の同時多発テロの後、米国攻撃を意図するテロ容疑者を収容するため、ブッシュ政権が開設した。

収容所については複数の人権団体や活動家が、収容者が起訴もされず審理を受けることもなく長期間拘束されている状況は、人権侵害にあたると批判を繰り返してきた。

ホワイトハウスは収容者名簿の公表を控えているが、米紙ニューヨーク・タイムズは独自の名簿を公表している。

オバマ氏の閉鎖計画は、米国内のどの施設に収容者を移送するのか明示していない。しかし国防総省はこれまで13カ所の施設を検討。コロラド、サウスカロライナ、キャンザス各州の計7カ所にある刑務所のほか、6カ所の米軍基地が候補に挙げられているという。

(英語記事 Guantanamo Bay: Obama in prison closure push)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/35647760

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る