田部康喜のTV読本

2016年2月26日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 テレビ朝日の「相棒 シーズン14」が相変わらず堅調な数字を上げているが、かつての独走態勢とはいえない。前シーズンから、主人公の杉下右京(水谷豊)の相棒になった、法務官僚の冠城亘(反町隆史)の役柄の設定と演技が視聴率を上げていない、という批評もある。しかし、そうではない。

殺人被害者に“感応”する主人公役の堀北

 刑事ドラマの世界に新しい主人公たちが、次々に登場して、観客を飽きさせない。「相棒」と、テレ朝「スペシャリスト」、日本テレビの「ヒガンバナ~警視庁捜査七課」が三つ巴(どもえ)の形である。

 「ヒガンバナ」は、課長の瀬川すみれ(大地真央)をトップにして、主人公の来宮渚(堀北真希)、彼女とコンビを組む峰岸雪乃(壇れい)、監察医の長見薫子(知英)、プロファイラーの柳幸子(YOU)、元鑑識の伊東凛(高梨臨)ら6人の「ヒガンバナ」と呼ばれる女性チームが、事件の解決に挑む。

 主人公の渚(堀北真希)は事件現場で、殺人の被害にあった人物に「感応」する。被害者の声を叫んで、失神する。自分ではその言葉を覚えていない。コンビを組む峰岸(壇れい)は半信半疑だったが、渚を支える役割を担っていく。

 捜査の方向性について、断定的な見方でチームをリードする峰岸役の檀れいは、ちょっと嫌味な役である。宝塚の娘役出身の壇としてはこれまでにない役柄を巧みに演じている。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る