BBC News

2016年3月4日

北朝鮮の金正恩第1書記は4日、いつでも核兵器を発射できるよう準備しておくよう軍に指示したという。北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。第1書記はさらに、北朝鮮が先制攻撃を実施できるよう、軍の態勢を転換すると指示したという。

KCNAによると、第1書記は軍事訓練の場で「アメリカが他の国や国民に戦争と破壊をもたらすと呼びかけているこの極端な時代に、我が国の主権と生きる権利を守るには、核攻撃の能力を向上させるしかない」と述べ、「我が国の核弾頭をいつでも発射できる用意がなくてはならない」と指示したという。

これに先立ち北朝鮮は3日午前に短距離の飛翔物体を6発、日本海に向けて発射。韓国政府報道官が聯合通信に語ったところによると、3日午前10時ごろ東岸の元山市からロケットか誘導ミサイルが発射されたという。

この少し前には、国連安全保障理事会が北朝鮮に対する制裁強化の決議案を全会一致で採択していた。

BBCのスティーブ・エバンズ韓国特派員は、北朝鮮によるこうした恐ろしい物言いは珍しくないし、ミサイルに搭載できるほど核爆弾の小型化に成功しているか専門家は疑問視しているが、北朝鮮はその目標に向かって着実に前進しているようだと指摘する。

金第1書記の声明に米政府は速やかに反応した。国防総省のアーバン報道官は「我々は北朝鮮に対し、緊張悪化につながる挑発的行為を控え、その代わりに国際社会への義務や約束の履行に集中するよう呼びかける」とコメントした。

北朝鮮に対する国連安保理の新たな制裁決議の主な内容は次の通り――。

・北朝鮮の核・ミサイル開発に使われる石炭、鉄、鉄鉱石の禁輸

・金、チタン、バナジウム鉱石、レアアースの全面禁輸

・航空機燃料やロケット燃料の禁輸

・軍事および警察の協力活動の禁止。特にアフリカで実施される北朝鮮による海外訓練プログラムの停止

・水上バイク、スノーモービルなどの娯楽スポーツ用具や高級時計を贅沢品禁輸対象に追加

・金融機関による北朝鮮の核・ミサイル開発に関わる人・組織の資産の凍結を義務化

(英語記事 North Korean leader urges nuclear readiness)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/35723318

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る