それは“戦力外通告”を告げる電話だった

2016年3月18日

»著者プロフィール
著者
閉じる

高森勇旗 (たかもり・ゆうき)

元プロ野球選手

1988年生まれ。富山県高岡市出身。中京高校から2006年横浜ベイスターズに高校生ドラフト4位で入団。田中将大、坂本勇人、梶谷隆幸やと同学年。12年戦力外通告を受けて引退。ライター、アナリスト、マネジメントコーチなど引退後の仕事は多岐にわたる。

日本球界を経て世界各国を「漂流」

 「そろそろどこのチームからもオファーがこない雰囲気になってきたところで、日本からの話があった」

 03年、ドラフト指名される形でオリックスに入団。メジャーを経験した28歳のオールドルーキーとして注目を集めたが、思うような成績を残すことができないまま3年が過ぎた。「ただただ自分の力不足。何の言い訳もない」。

 05年、3年目が終わるときに、球団から呼び出された。戦力外通告だった。

 「アメリカへ“帰ります”」

 鈴木は即答し、ドミニカのウインターリーグへ向かった。以降5シーズン、春はメキシコ、夏から秋は台湾といったように、世界各国を飛び回った。11年、日本の独立リーグ神戸サンズの選手兼監督に就任し、同年退任した。

 「16歳のあの時、アメリカに行かんかったら、ホンマにろくでもない人間になってたと思う。そうならんかったんは、野球のおかげ。野球があったから、今がある」

 現在は地元・神戸で、野球や英会話を教えるスクールを開校している。自分の体一つで世界中を飛び回りプレーした経験から、「語学力」は必要だと話す。

 「グローブ1つ持って飛行機に乗り込み、投げて契約する。言葉さえしゃべる事ができれば、世界中どこへだって行くチャンスがあるんだということを、今の子供たちに伝えていきたい」

 人生において道を踏み外しそうなとき、うまくいかないとき、熱中できるものがあれば、それが自分を助けてくれる。

 「何かにつまずいたとき、いつも野球が助けてくれた。なんだっていい。自分の武器を見つけてほしい。そして、それはいつでも世界で勝負できる」

 高校退学後に洗濯係からメジャーリーガーになった男。その物語はまだ、続いて行く。

[修正履歴]2ページ目「翌2000年には、ペドロ・マルティネス、ロジャー・クレメンスに続く3番手投手として8勝を挙げる」との記述に誤りがありましたので、「翌2000年には、8勝を挙げる」に訂正し、お詫びいたします。(2016.3.19 2:13 編集部)

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2016年3月号より

関連記事

新着記事

»もっと見る