田部康喜のTV読本

NHK BSプレミアム「クロスロード」舘ひろし×神田正輝織りなす交錯した人生
事件モノの今年最高傑作なるか

田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

 第1話「再開」(2月25日)は、題名のクロスロードが、事件ばかりではなく、人生や人間が織りなす交錯を暗示していることを示している。

緊張感はらむ石原軍団の“間合い”

 舘ひろしと神田正輝は、「石原軍団」の一員として事件やアクションモノのドラマに数多く出演した。「石原軍団」の呼称も、通じない読者の方が多いと思う。亡き石原裕次郎が主宰したプロダクションに所属した俳優たちである。

 かつての若手俳優だった、舘と神田も還暦を過ぎて派手なアクションをするわけではない。しかし、ふたりの静かなやり取りの「間」は緊張感をはらんでいる。

 第2話「裏切り」(3月3日)に至って、迷宮入りになりかかっていた「多岐川事件」の真相がみえてくる。それは事件発生時点の捜査方針のミスによるのではないか、という疑惑をともなって。

 週刊紙であるから、速報の特ダネを狙う媒体でないことは重々知りながら、元社会部記者の板垣(神田)は廃棄処理場の遺体発見事件を追わずにはいられない。

 事件現場で深夜の張り込みをしている時に、やはり警戒していたパトロールカーの警察官が、現場にやってきたひとりの男性を捕まえる。元警察官で、退職後はガードマンをしている、太田巌(小野武彦)だった。

 太田は、「多岐川事件」の捜査に加わった経験を板垣に話すのだった。宝石商殺しで、ひとり助かった少女が、犯行の前日の暑い日にアイスキャンデーをもらったというのである。太田はこれを犯人グループの下見と考えて、複数による犯行を唱えた。

 捜査本部は、現場に残された指紋などから「単独犯」説に傾き、捜査の方向性に舵を切った。太田はいまでもこれに納得しないで、暇をみつけては自分なりの捜査を続けてきたという。廃棄物処理場に現れたのも、それが理由だった。

 板垣(神田)は太田とともに、「多岐川事件」を洗い直す取材を始める。太田が重要な証言を得た少女に会って話を聞こうとするが、「何も覚えていません」と逃げるように去っていった。

previous page
2
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍