BBC News

2016年3月10日

マケドニア政府は9日、ギリシャ国境からの移民入国を禁止すると発表した。これでバルカン半島からヨーロッパ北部に移動するためのルートは実質的に、閉ざされたことになる。マケドニアとギリシャの国境地帯には、約1万3000人の移民が立ち往生している。

バルカン半島ではこれまでにスロベニア、クロアチア、セルビアが移民の入国を禁止している。

欧州が経験する第2次世界大戦後最大の移民危機については、欧州連合(EU)とトルコが対策を検討中。最終合意に向けて調整の続く案では、トルコからギリシャ入りする移民全員が送還されることになる。シリアに送還された移民1人つきトルコ国内にいるシリア人1人をEU域内で定住させる方針だ。

提案を7日に発表したトゥスク欧州理事会議長(EU大統領)は、欧州への不法移民ルートは今後なくなると強調。「欧州への不法移民の日々は終わった」と述べた。

EUとトルコが検討している合意案では、移民の強制送還と引き換えの定住措置のほかに、移民対策のためEUがトルコに約束した支援金の支払い繰り上げや、トルコのEU加盟協議促進などが項目として含まれている。

昨年を通じて数十万もの移民がマケドニアを北へ通過した。しかしマケドニア政府はシリア移民、アフガニスタン移民、イラク移民の順に受け入れ人数を制限し始め、最近ではシリアの紛争地域と定義する地域からのごくわずかな人数しか入国を認めていなかった。

この影響でバルカン半島の移動ルートにボトルネックが生じ、ギリシャ・イドメニの国境検問所周辺の広範囲に移民たちがテントを立てて待機している。

マケドニア政府の発表に先立ち、8日夜にはスロベニア政府が移民受け入れ制限を発表。スロベニアに亡命を希望する人や、明らかに人道的な保護を必要とする人しか受け入れないと言明している。

スロベニアのミロ・ツェラル首相はこの対応によって「不法移民用のバルカン・ルートはもう存在しない」と述べた。

<移民受け入れ制限の動き>

・セルビア政府は「難民の集合センターになるわけにはいかない」と、必要な入国書類の整っていない移民に対するマケドニアとブルガリア国境の封鎖を発表。

・クロアチア政府は、「移民危機解決の次のフェーズとして」国境封鎖を発表。

・オーストリアのクルツ外相は、「移民をそのまま通過させるやり方のせいで、昨年はあれほどの移民が押しよせたが、誤りだった」と述べ、無制限通過の中止を歓迎した。

・ハンガリーのピンテール内相は南側の国境の警備に警官と兵士を追加配備すると発表。さらに、必要に応じて10日以内にルーマニアとの国境沿いにフェンスを設置できるよう、準備する方針を示した。

複数の国際非政府組織(NGO)がフランス政府について、ダンケルク郊外に作られた新しい移民・難民キャンプを閉鎖しようとしていると批判している。複数のNGOによると、ダンケルクのキャンプは国際基準に見合うレベルで約1200人に宿泊施設と食事、衛生施設や医療を提供できる施設だが、政府当局は、安全性や火災発生の危険を懸念しているという。

BBCのクリス・モリス欧州特派員によると、アルバニアやブルガリアなどの国々は、代替ルートを求める移民や密航業者が自分たちの国を利用するのではないかと警戒している。

加えて、EUとトルコの移民制限が実施される前に急ぎ大勢を密入国させようとする動きが活発化するのではという懸念もあるという。

バルカン・ルートの封鎖は、EUとトルコが7日に検討した提案に明記されていたが、ドイツの反対を受けて最終合意には至っていない。

提案には国連も8日に懸念を表明し、国際人権団体アムネスティー・インターナショナルは、亡命する権利を打ち砕くものだと批判した。

欧州評議会のトルビョルン・ヤーグラン事務局長はBBCに対して、移民の強制送還は国際法に抵触すると述べた。

<用語について> BBCは、亡命申請の法的手続きを終えていない、移住中の人すべてを「移民」(migrants)と呼んでいる。この中には、戦争で引き裂かれているシリアのような国を逃れて移動し、難民認定される可能性の高い人たちも含まれる。また、各国政府に「経済移民」と分類される可能性の高い、より良い職業や生活を求めて移動している人たちも、「移民」に含まれる。

提供元:http://www.bbc.com/japanese/35770469

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る