WEDGE REPORT

2016年3月11日

»著者プロフィール

 シリア内戦の停戦が辛うじて続く中、イラクやシリアで過激派組織「イスラム国」(IS)の自爆テロが止まらない。停戦で攻撃の矛先がISに一本化されることを阻止する狙いがあるようだが、自爆テロには少年兵が多く使われており、戦闘員不足を補う残虐非道な新戦術が浮き彫りになってきた。

難民となってセルビアまで逃れたシリア人の少年たち(iStock)

12歳の少年、父親に抱擁、自爆に向かう

 ISが最近、ネットに流した数枚の写真がある。激戦の続くシリア北部のアレッポで1月に撮られた写真は、12歳にもなっていないような少年が父親に抱擁した後、爆発物を満載した車両に乗り込み、最後に父親の手に別れのキスをして自爆作戦に向かう模様を写したものだ。

 この写真で宣伝されたようにISは昨年から8歳から16歳ごろまでの少年を自爆テロに投入する新戦術にのめり込み始めている。一つは米主導の有志国連合の空爆で戦闘員が死亡し、その穴を埋めるため少年兵を使わざるを得なくなっているという事情もある。トルコが国境管理を厳しくしたため、外国人の戦闘員がシリアに潜入しずらくなっているからだ。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る