江藤哲郎のInnovation Finding Journey

2016年3月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

江藤哲郎 (えとう てつろう)

ベンチャーキャピタリスト

 鹿児島県出身。1984年慶應大商学部卒業。同年(株)アスキー入社。86年マイクロソフト(株)設立に参加し、マーケティング部長代理としてWindowsコンソシアム、マルチメディア国際会議等を立ち上げる。

 92年(株)電通入社後、デジタル・コンテンツの開発とビジネス化を推進。2002年から情報システム局でSAPアジア共通会計システムを中国・アジアの30拠点に導入他、国内外の全システム開発を担当。2013年から経営企画局専任局次長として、電通が約4,000億円で買収したイージスとのグローバルIT統合の責任者。

 2015年7月、ワシントン州カークランドにInnovation Finders Capitalを設立。AI、ビッグデータ等スタートアップを日本と繋げる。家族は妻と一男。
 

 就職活動で皆が華々しく都市銀行や大手商社に内定を決める中、私は学生部に求人票も出ていないアスキーとソフトバンクの代表番号に電話して面談を申し込んだ。学生時代カシオペアというバンドのマネージャーをして全国ツアーをした等とずうずうしく自分をアピールしたせいか、幸い両社から内定を貰った私だが少し迷った。

孫正義氏 ©Naonori Kohira

パソコンの神童

 ソフトバンクを率いる孫正義はその頃パソコンの神童と呼ばれ頭角を現していたが、動静がよくわからなかった。最終面談で孫に会いたいという私にセコムから転じて社長となった大森康彦が答えた「会長は入院中で会えない」。肝臓を患っていたのだ。私は最終面談で郡司明郎社長と塚本慶一郎副社長に会えたアスキーに入ることにした。まだ会うかどうかもわからなかったビル・ゲイツという存在が後ろにある事も大きかった。後から考えると、その頃からマイクロソフトに入る流れだったのかもしれない。

 84年の4月はアスキーの定期採用の初年度となり、同期の30名と1カ月の研修期間を過ごした。社員番号は212番で、配属が発表され迎えに来たのが古川だった。その古川の下、2年後にはマイクロソフト日本法人設立に参加するとはその時は思ってもみなかった。

 後にトム佐藤等と共にWindowsコンソーシアムを立ち上げたのは1989年8月。ソフトバンクにその会長職就任を依頼した際、私は新宿のヒルトンホテルの中華料理店でビル・ゲイツと孫正義の初対面と握手を演出した。古川がその企画をバックアップしてくれたのも有難くまた懐かしい思い出だ。 
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る