海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年3月16日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

サンダース陣営の運動員と遭遇

 クリントン陣営の標的となっている女性のアフリカ系組合員の家を訪問すると、サンダース陣営の白人女性の運動員がドアを叩いていました。

 「私の方が先に来たから、私から質問をするわ」

 サンダース陣営の運動員は筆者にこう語ると、組合員の女性有権者にどちらの候補を支持しているのか質問をしていました。

 「決めかねています」

 アフリカ系の組合員がそう回答すると、早速サンダース陣営の運動員は説得を始めたのです。

 「バーニー(サンダース)は、自動車メーカーを助けるために公的資金を投入することに反対しましたが、ウォール街救済にも反対しました」

  ミシガン州フリントで開催された民主党テレビ討論会において、クリントン候補が、サンダース上院議員は自動車産業救済の公的資金導入に反対したと非難すると、同上院議員は同候補と密着しているウォール街を持ち出して反論したのです。ウォール街が大口献金により選挙を乗っ取っており、ワシントンには少数者による寡頭制が存在しているというのが、同上院議員の主張です。

 サンダース陣営の運動員も、クリントン候補とウォール街を結びつけて説得に当たっていました。しかし、アフリカ系の女性の組合員を説得できないことが分かると、この運動員は同陣営のパンフレットを手渡して、有権者名簿の 「決めかねている」の欄に印を入れたのです。その時、真横で同陣営の説得の仕方を観察していた筆者に、ある項目が目に入ったのです。有権者名簿に、投票日の投票行動計画を作らせる欄があったのです。サンダース陣営も、2012年米大統領選挙でオバマ陣営が取り入れた投票率向上の選挙手法を採用していたのです。

 筆者は組合のパンフレットに加えて、アフリカ系、ヒスパニック系及び高齢者とクリントン候補が一緒に写っているパンフレットも渡しました。偶然ですが、サンダース陣営の運動員は、元教員で教育研修の目的で訪日したことがありました。

 「民主党同士ですから、私たちは同じ船に乗っています。一緒に写真を撮りませんか」

戸別訪問でサンダース陣営の運動員と遭遇(@ミシガン州デトロイト)

 互いのパンフレットを交換した後で、筆者がこう語るとこの運動員も写真を欲していました。

関連記事

新着記事

»もっと見る