安田さんの救出に全力を尽くせ
解放交渉に苦慮する安倍政権


佐々木伸 (ささき・しん)  星槎大学客員教授

共同通信社客員論説委員。ベイルートやカイロ支局長を経て外信部副部長、ニュースセンター長、編集局長などを歴任。

WEDGE REPORT

時間軸の長い視点で深く掘り下げて、世界の本質に迫る「WEDGE REPORT」。「現象の羅列」や「安易なランキング」ではなく、個別現象の根底にある流れとは何か、問題の根本はどこにあるのかを読み解きます。

»最新記事一覧へ

内戦の取材でシリア入りし安否が心配されていたフリー・ジャーナリスト安田純平さん(42)と思われる人物が家族や日本へのメッセージを英語で読み上げる動画がフェイスブック上で公開された。安田さんを拘束しているのは国際テロ組織アルカイダ系の「ヌスラ戦線」と見られ、日本政府に身代金を要求しているという。

内戦が続くシリア・ダマスカスで物乞いをする親子。この国のどこかに安田さんは捕えられているのだろうか(iStock)

米国への配慮は無用だ

 さまざまな情報を総合すると、フェイスブックで安田さんの姿を公開したのは、シリア人の反体制派の活動家。「ヌスラ戦線」の代理人から3月16日に動画を受け取ったとされ、同組織が身代金を要求して日本政府と交渉しようとしているが、日本政府は応じていないという。実際に身代金交渉が行われているかどうかは全く不明。

 この点について、菅官房長官は17日の記者会見で、さまざまな情報があることに言及しながら「事案の性質上、答えるのは差し控えたい」と否定も確認もしない慎重な姿勢を示した。安倍首相は情報収集や映像の分析をするよう指示したが、外務省を中心に現地に対策本部を立ち上げるなど対応を急いでいると見られている。

 しかし政府は、昨年1月から2月の過激派組織「イスラム国」(IS)による後藤健二さんらの日本人人質事件でも繰り返したように、「テロリストの要求には屈しない」ことを基本方針として公約しており、映像が公開されて安田さんの拘束が国際的に認知された現状では、身代金を支払っての解放交渉に踏み切るのは極めて困難だろう。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「WEDGE REPORT」

著者

佐々木伸(ささき・しん)

星槎大学客員教授

共同通信社客員論説委員。ベイルートやカイロ支局長を経て外信部副部長、ニュースセンター長、編集局長などを歴任。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍