19世紀アメリカに黒人の女殺人犯がいた 立派でない女性の研究は


1887年の米ペンシルベニア州フィラデルフィアで頭部や手足のない遺体が発見され、そこから衝撃的な裁判が始まった。この事件を著書「Hannah Mary Tabbs and the Disembodied Torso(ハンナ・メアリー・タブスと切断された胴体)」で取り上げたカリ・ニコール・グロス氏が、事件の焦点となった女性の人物像を探る。

 

この記事は、公開期間が終了しました。


以下のリンクにて、記事の本文をご覧いただけます。
(※「BBC NEWS JAPANのサイトが開きます。)
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-35861135

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「BBC News」

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍