BBC News

2016年3月21日

»著者プロフィール

1887年の米ペンシルベニア州フィラデルフィアで頭部や手足のない遺体が発見され、そこから衝撃的な裁判が始まった。この事件を著書「Hannah Mary Tabbs and the Disembodied Torso(ハンナ・メアリー・タブスと切断された胴体)」で取り上げたカリ・ニコール・グロス氏が、事件の焦点となった女性の人物像を探る。

米ペンシルベニア州フィラデルフィア近郊の池で1887年、仕事場に向かっていた地元の大工が、頭も手足もなく人種のはっきりしない胴体を発見。周囲の町に住む人々を震え上がらせた。

未解決のまま終わる類の犯罪かと思われたが、警察はまもなくハンナ・メアリー・タブスという住所不定の黒人女性に捜査の照準を定める。それから何カ月も続いた裁判は、誰も予想しなかった結末を迎えた。

「女殺人犯」と呼ばれたタブスと胴体をめぐる事件は数カ月にわたり、新聞の一面で報じられた。当時はタブーだった不倫やセックス、家庭内暴力などの話を公の場にさらす事件だったからだ。被害者はタブスの情夫とみられたが、そのタブスが犯人だと名指ししたのは黒人と白人の間に生まれた18歳の少年、ジョージ・ウィルソンだった。人種差別がひどかった当時の刑事裁判制度の中で、2人の運命はからみ合っていく。

イースタン州立刑務所の150年も前のスクラップブックで初めてこの事件のことを読んでから、私はタブスという人をもっとよく知りたいという思いにとりつかれた。この女性が既婚者でありながら、十歳年下の男性との不倫で命がけの三角関係に陥っていたことは、少なくとも確かだった。

タブスは私のそれまでの歴史研究の中で、遭遇したことのないタイプの黒人女性だった。しっかりとした態度や立ち居ふるまいで周りを納得させるのがうまかったが、一方で自分の目的のために人を操ったり、脅したり、残忍に扱ったりするのはお手の物だった。相手を恐れさせることも、際どい情事にふけることも、意のままに実現した。

彼女の話を書こうと決意して以来、よくほかの研究者にはばかにされた。タブスについて書くこと自体がくだらないと言い切る人もいたし、タブスは「共感を呼ぶ人物ではない」という理由で断る出版社も多かった。「共感云々」の返事は特に不快だった。では同じ時代に両親惨殺の罪で裁判にかけられた白人女性、リジー・ボーデンはどうだったか。なぜタブスには共感を求めるのか。黒人女性たちは完全な善人か完全な犠牲者でなければ、メインストリームの読者をひきつけないとでも?

より重要な問題もある。反対した人たちはなぜ、タブスは共感を呼ばないと思ったのか。

ハンナ・メアリー・タブスは1850年代に米南部の奴隷州で生まれ、南北戦争の流血の中で大人になった。15歳年上の夫と出会った時はメリーランド州ボルティモアで独身で、白人と混血の「めい」を連れていた。この「めい」の母親はタブスだったのではないかという説もある。だとすればどんな状況で妊娠したのだろうと、私は考えた。強姦だったのか、あるいは性的搾取か。

タブスはフィラデルフィアで家族や近隣住民を痛めつけ、悪意に満ちた暴力を繰り返した。そうした振る舞いからは、見なくてもいいものまで見てしまった生い立ちがうかがえる。こうした暴力を振るえたという事実は、本人がいかに残忍かと裏付けるだけでなく、本人がいかに過去の虐待を経験したか示唆していた。

私はタブスの生い立ちについてできる限りの情報を見つけようとしたが、それは容易なことではなかった。本人が偽名を使ったり、出生についてうそをついたり、年齢を偽ったりしていたからだ。うそや間違いの力を借りて目的を果たすのが、彼女のやり方だった。

刑務所の記録や複数の新聞記事には、出生地はバージニア州と書かれていた。本人は当局に同州リッチモンドの出身だと話していたが、州の歴史協会やそのほかの公文書館を探しても彼女にかかわる記録は何もなかった。

私はフィラデルフィアの地元紙からオハイオ、ミズーリ、ニューヨーク各州の新聞まで、あらゆる記事を読みあさった。タブスが実はメリーランド州のアン・アルンデル郡出身だったという事実は、驚いたことにドイツ語の新聞から判明した。アナポリスにあるメリーランド州公文書館で、私はついに彼女の婚姻記録を見つけ、結婚前の名前が「ハンナ・アン・スミス」だったことを突き止めた。

最大の発見は、彼女が南北戦争戦没者の妻として受給した遺族年金の書類だった。首都ワシントンの国立国文書館にファイルが保管されていた。この中にはタブス本人や、彼女の結婚生活を知る人たちの詳細な供述書があり、1874年付の結婚証明書と本人の署名も残っていた。

タブスがたどった人生と数々の非行や欠点は、彼女が人間らしくて、とても傷つきやすい存在だったことを示す証だと、私は考える。当時の黒人女性にとって、自分の体は自分のものではあり得なかった。なので、他人から恐れられる方が望ましいという理由は、当時ならいくらでもあった。加えて彼女の例は、偏見に基づく司法制度の影響力と、都市犯罪との関連という、現代にも大いに通じる問題への示唆に富んでいる。

黒人コミュニティーで数々の暴行を繰り返したにもかかわらず、タブスに犯罪歴はなかった。被害者が白人男性だと当局が認識する時点まで、司法制度の網にかかることはなかったのだ。この力学が照らし出すのは、黒人社会が警察による適切な保護から切り離されてきたという事実だ。

タブスも、そして彼女が犯人として名指しした若者も、警察の拘束下で長期間、力ずくの取り調べを受けた。このように黒人の容疑者が暴力の下で事実に反した自白を強要される例は、ずっと昔から後を絶たない。

制度としての人種差別が米国の歴史を通して、いかに犯罪捜査や司法制度と一体化していたか、タブスの例は証明している。この歴史と向き合うということは、現在も横行する容疑者のプロファイリングや暴力的な捜査・取り調べをなくすにはどうするのが最善か、さまざまに問い掛けることでもある。

ハンナ・メアリー・タブスは紛れもなく、不穏な人物だ。黒人女性が快楽を得たり自分の意思で行動したりすることなどとんでもない、という考え方が一般的だった時代、タブスは自力でそれらを手にするために人倫にもとる行動を取った。

善と悪、犯罪と正義という確固たる固定観念を、彼女はかき乱す。

私がタブスについて本を書いたのは以上のような理由からだが、さらにもうひとつ理由がある。黒人女性が研究対象となるには、あるいは本のテーマにふさわしい人間とみなされるには、品行方正でなくてはならないというのが、私はいやなのだ。普通なら「善良」とはいえない人物を研究することは、その人の(さらに突き詰めれば私たち自身の)人間性の需要につながる。

「Hannah Mary Tabbs and the Disembodied Torso」の著者カリ・ニコール・グロスさんは、米テキサス大学のアフリカおよびアフリカ系移民研究の教授。

(英語記事 Hannah Mary Tabbs: A black murderess in racist 1800s US)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-35861135

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る