BBC News

2016年3月23日

ベルギーにとって第2次世界大戦以来、最悪の日々だ――。ベルギー政治家のひとりはこう言う。

過激派勢力「イスラム国」(IS)が名乗りを上げた連続攻撃で、首都ブリュッセルの国際空港と市内中心部の地下鉄駅にいた人々が犠牲になった。

狙われたのは、欧州でも最も重要な場所のひとつだ。ブリュッセルには欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)の本部があり、様々な国際機関や国際企業がある。そしてベルギー政府の座だ。

なぜブリュッセルが攻撃されたのか

ブリュッセルはイスラム聖戦主義者たちにとって目立つ、攻撃しがいのある標的だ。しかしそれだけでなく、ブリュッセルは何年も前から市内の聖戦主義グループとの戦いに苦労してきた。何百人もの市民がISに引き付けられ、シリアやイラクでの戦いに参加している。

イスラム過激主義の「セル」(テロ組織の小集団)を抱える町はほかにもあるが、ブリュッセルの「セル」は中でも活発で、特に市内南西部にありモロッコ系住民の多いモレンベック地区は、そうした活発な「セル」の拠点だった。

130人が犠牲になった昨年11月のパリ連続襲撃には、モレンベックの住人が数人参加した。現場で死亡しなかった主要共犯のサラ・アブデスラム容疑者は事件の翌日にベルギーに戻り、3月18日まで追跡を逃れた。容疑者と共犯は、モレンベックで逮捕されたのだ。

アブデスラム容疑者ら逮捕に、過激派から何らかの反応があるだろうと多くのベルギー市民は予想していた。

イスラム聖戦主義に詳しいベルギーのピーター・ファン・オスタイエンさんは「何か必ず起きるだろうとは予想していたが、これほどの規模になるとは思っていなかった」と話す。

以前からの計画なのか報復か

では、22日の爆弾攻撃は、イスラム聖戦主義者2人を18日に生きて拘束したことへの報復なのか? アブデスラム容疑者らの逮捕がISやベルギーの聖戦主義者にとって打撃だったのは明らかだ。

アブデスラム容疑者はパリ連続襲撃において、兵站(へいたん)担当だったと言われている。アパートを借り、戦闘員を欧州各地に運転して回り、爆弾製造の道具を購入した。

逮捕の数日前には、ブリュッセル市内で一緒に潜伏していたモハメド・ベルカイド容疑者が警察に射殺されている。ベルカイド容疑者はISの旗に身を包んでいた。

ブリュッセル自由大学のデーブ・シナルデ教授は、「おそらくすでに計画中だった攻撃が、逮捕によって時期が早まったのだろう。捜査の手が迫っているとテロリストたちは承知したので」と話す。

パリ襲撃の10日後にも複数攻撃される懸念から、ブリュッセルは厳戒態勢を敷いた。その時も、22日の攻撃直後のように市内はほとんど封鎖され、公共交通機関は停止し、住民は移動を控えるよう求められた。

ベルギーの警備当局は失敗したのか

重装備の男たちがザベンテム空港に入り、爆弾を出して自爆することができた。その約1時間後には別の人物が、EU本部の目と鼻の先にある地下鉄駅に入り、自爆することができた。

ベルギーの警備当局は昨年11月、予行演習のようなものを経験した。テロの脅威がそれまでで2番目に高かった時で、複数都市の屋外にはすでに兵士が配備されていた。

イスラム過激派の脅威がひっきりなしに続くなか、降りかかる過大な負担に警察は明らかに対応しきれなかった。しかし組織的な問題もある。

ブリュッセルは欧州の中では比較的小規模な首都だが、警察の管轄は6つに分かれている。防犯カメラシステムはロンドンやパリに比べると、かなり手薄だ。

「警備レベルが不十分なのははっきりしている。もう何年も前から、警備やテロ脅威に対する努力が不足してきた」とシナルデ教授。とは言うものの、マドリードやロンドン、パリの例からも分かるように、こうしたテロ攻撃を未然に防ぐのはとても難しいことだと教授は指摘する。

今後も攻撃は続くのか?

ベルギーの人たちにとって、これは気まずい問題だ。複数の容疑者がいまだ緊急手配中だ。

空港爆破の容疑者3人とされる写真の右端にいる男性(帽子をかぶった男性)は22日の事件後、現場から逃走したとされる。またパリ連続襲撃でアブデスラム容疑者の共犯だったとされる2人についても、警察は追跡中だ。

パリ襲撃に関連して逃亡中のひとりは、ナジム・ラークラウイ容疑者。パリで使われた爆弾の製造現場となったブリュッセルのアパートから、その指紋が発見された。同じくベルギー出身のイスラム過激主義者モハメド・アブリニ容疑者も指名手配中だ。

パリ襲撃のあと、米国の対テロ専門家、クリト・ワッツ氏は「テロ計画の氷山理論」について書いた。つまり攻撃犯1人につき、通常は協力者が数人はいるのだと。表面化する犯人は、氷山の一角にすぎないのだと。

ワッツ氏は、ブリュッセルでの連続攻撃はパリ連続襲撃から派生した関連事件だと考える。逃亡中の関係者が、今後も流血沙汰を起こすつもりがあるのかは、はっきりしない。

(英語記事 Brussels explosions: Why has Belgium's capital been attacked?)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-35878607

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る