ビジネスパーソンのグローバルスーツ選び

2016年4月2日

»著者プロフィール
閉じる

たかぎ こういち (髙木 浩一)

タカギ&アソシエイツ代表。著述業、コンサルタント、スタイルアドバイザー。
一般社団法人ファッションエデュケーション協会理事。
1952年大阪生まれ。若くして服飾雑貨卸業を大阪で起業。98年、現フォリフォリジャパングループとの合弁会社取締役に就任して以来、アニヤ・ハインドマーチ(英国)、オロビアンコ(伊)、リモワ(独)、など海外のファッションブランドを日本市場に紹介、急成長をプロデュース。また、「東京ガールズコレクション」「デザイナーズ&エージェント」など国内外のファッションイベントにも参画。2008年共同創業した“Manhattan Portage”(米)代理店企業を9桁利益計上させ12年にセミリタイア。大好きなメンズファションに関し国内外で独自の視点から再検証しオリジナルメソッド「6ポインツ メソッド」を体系化する。13年10月永い業務経験を活かしタカギ&アソシエイツを起業。コンサルタント、執筆、専門学校講師、セミナー実施等で活躍中。日本のビジネスマンのグローバルなファションリテラシーの向上を目指す。著書に『オロビアンコの奇跡』(繊研新聞社)、共著に『超入門日・英・中 接客会話攻略ハンドブック ファッション販売編』(繊研新聞社)。
 

オスカー・ワイルド

 『外見で人を判断しないのは愚か者である』小説家・詩人 オスカー・ワイルド

 明治の文豪達に作品と生き方で影響を与えたオスカー・ワイルドは異装趣味でした。その外見が彼の成功・名声・失意の中49歳で世を去るという波乱の人生と無関係でなかったのは事実です。

 スタイルアドバイザーのたかぎこういちです。ビジネススタイルではオスカーの様な異装は反面教師です。信頼感、清潔感等の好印象が大切です。

 今回はスーツスタイル時の靴・かばんや小物類の選び方についてお伝えします。スーツスタイルのS(サイズ・シルエット)、F(素材)、C(カラー)については前回までに解説しました。外見はすでにほぼ完成です。あとスーツスタイル時の靴と小物は非常に重要です。最後の仕上げで全体の完成度をさらに上げましょう。ヘアースタイルも含め今回もわかり易くアイテムごとに解説します。

非常に大切な靴とベルト選び

ウイングチップ

 足元を見るとの言葉が有るように靴はスーツスタイルの仕上げです。手入れされた靴は必ず好印象に繋がります。良い靴の購入は正にトリプルA レベルの投資です。良い靴は永く履けますので良質の靴を大切に履かれる事をお勧めします。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る