BBC News

2016年3月29日

»著者プロフィール

アラブ首長国連邦(UAE)のアジュマーンにある高層マンションで28日、大規模な火災が発生した。UAEでは、過去1年余りですでに2回、高層ビルの大規模火災が起きている。アジュマーンはドバイの北に位置する首長国。

地元警察によると、火災は28日夜、12棟・約3000戸からなる高層マンション群「アジュマーン・ワン」で起きた。棟内にいた全員が避難したが、負傷者などは出ていないもよう。

警察がツイッターに載せた動画からは、炎が複数階の高さで立ち上がっており、炎が建物の側面をほぼ覆ったことが分かる。別の動画では、燃える残骸が地面に落ちてくる様子が撮影されている。UAEのサイフ・ビン・ザイド内相が現場を訪れた。

7億3500万ドル(約835億円)が投じられた同マンション群の開発は2009年に完了する予定だったが、計画は何年も遅れた。

昨年12月31日には、ドバイ中心部にある63階建ての高級ホテル「アドレス・ダウンタウン・ドバイ」で大規模な火災が起きた。火は20時間以上にわたって続き、16人が負傷。近くの高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の花火イベントは、ホテルの出火直後だったが、予定通り行われた。

2015年2月には、ドバイの高層マンション「ザ・トーチ」で大規模火災が起き、建物は大きく損傷された。ザ・トーチは世界でも最高層のマンションの一つ。

(英語記事 UAE fire: Huge blaze hits Ajman residential tower)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/35914632

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る