未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

2016年4月1日

»著者プロフィール
閉じる

にらさわあきこ (にらさわ・あきこ)

文筆家

NHKディレクターとして海外紀行番組や人気スタジオ番組などを多数手がけた後、文筆業に。幸せな生き方を追求して、取材・執筆活動を行う。本サイトでの連載に加筆修正のうえ、書き下ろし原稿を加えた『未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ』(ポプラ新書)のほか、500人の男女を取材して書いた『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)や、婚活する女性たちの姿を描いた『婚活難民』(光文社)、『婚活に疲れたあなたへ』(マガジンハウス)、『婚活の神様!』(幻冬舎)など著書多数。丁寧に心情に迫る取材姿勢に、定評がある。http://www.nirasawa-akiko.com/

 4月1日、Wedge Infinityで連載中の「未婚大国ニッポン」が、ポプラ社より『未婚当然時代〜シングルたちの“絆”のゆくえ〜』として書籍化されました。著者のにらさわあきこさん(公式HPはこちら)に、改めて著作を通して読者に伝えたいことは何なのか? 伺いました。

未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』にらさわあきこ著(ポプラ新書)

(編集部、以下——)にらさわさんは、そもそもどうして“結婚”というテーマを取り上げようと思われたのでしょうか?

にらさわ 以前から“出会い”というものに関心がありました。人と人との出会いというのは、その人の才能や素質に関係なく、誰しもに訪れるもの。ささやかな出会いが鬱屈した日々の中で突如として訪れると、それをきっかけに人は変わることができる。魅力的な人に出会えれば「この人に認められる素敵な自分になりたい!」などという欲求が沸き、日々に活力がでてきます。

 そんなところに魅力を感じて、出会いの瞬間やその後の“発展してゆくさま”を人に会ったらまず聞く、という習慣が昔からありました。

—— でも、“出会い”に関心がある中で、なぜ“結婚”という発展的な(笑)問題を取り上げるようになったのでしょうか?

にらさわ テレビ局で勤務していた頃から恋愛ものや結婚ものが好きで、「理系のイケメンを探せ!」みたいなミーハーな企画をよく立てていました(笑)。

 私のライターデビューは女性誌からで、そこでは恋愛記事が断然人気だったんですね。その中で、10年ほど前にいわゆる“モテ本”のブームが到来し、女性の恋愛観を取材することになりました。

 ただ、いざ話を伺って聞こえてきたのは「モテるよりも結婚したい……」という切実な声でした。それならば結婚に焦点を定めた方がよいのではと思い、結婚をテーマにした書籍を制作すべく取材を開始。一度取材をした方に再び会いに行き、新たな取材対象者を紹介してもらったり、各社の女性編集者さんたちと合コンをしたり(笑)、ちょうど流行り始めていた交流会などに参加するうちに、気が付いたら年間で500人もの方からお話を伺うことになりました。

—— 1年間で500人もの方からお話を聞くなんて……。取材のたびに多くの方のお話を伺っていると思いますが、今回特に印象に残ったエピソードは何でしたか?

にらさわ 個人で仕事をされている方に、「人と人との絆は所詮そのとき感じた一瞬の現象でしかない」と言われたことがありました。

 人と人との関係性において、確かなものはないんだと、私自身が日頃から感じていたことを改めて確認した思いがありました。また一方で、“確かである”と確信できることがあるとすれば、自分が一定以上の期間を費やし、自分なりの“何か”を積み重ねてきたという自負があるものではないかとも思うようになりました。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る