赤坂英一の野球丸

2016年4月13日

»著者プロフィール

 そう語った三村監督は90年代、野村、緒方に自分が現役だったころの〝赤ヘル野球〟の再現を求めた。だからか、野村や緒方、前田智徳や江藤智(現巨人打撃コーチ)、それに現阪神監督の金本も、和気あいあいと励まし合うような間柄では決してなく、いつもピリピリした緊張感を漂わせていたものだ。

 そんな三村監督時代の広島で、三塁コーチを務めていたのが高代延博である。この高代コーチについては、当時ヤクルト監督として戦った野村克也がこんなことを言っていた。

 「走者が出て、打席に金本が入ったら、まず三塁コーチの高代を見るわな。こんときが、すごい不気味なんや。何をやってくるかわからん。(旧)広島市民球場の試合になると、(捕手の)古田(敦也)が投手にどんなに裏をかいて、どんな意表を突いた球を投げさしてもカツーン! といかれてしまう。アレはサイン盗みでもやっとるんやないかな」

コメント力でも群を抜いている

 かつての金本、高代コンビは、名将・ノムさんをして、ここまで警戒させていたのだ。だから、今年の阪神がやることは侮れない。

 戦略に長けた金本監督は、コメント力でも群を抜いている。ダブルスチールなどが成功すると、「選手みんなが積極的に走ろういう意識を持ってくれとるよね。(投手の)藤浪(晋太郎)にも塁に出たら、こういうスライディングをしよう、いう話をしとる」とニコニコ。審判のジャッジが遅れると、「問題外じゃ! あんなに打球の判定が遅かったら、ランナーはどうすればええかわからんやろ」とプンプン。こんな開けっ広げなキャラも、チームに勢いをつけている要因だろう。

 今季の阪神に待ったをかけられるチームがあるとしたら、緒方カープ以外にあるまい。先週末、甲子園での今季初対決では2勝1敗でカープが勝ち越した。しかも3戦目は一挙5得点の猛攻で逆転勝ち。次回は金本阪神がどうやり返すか、いまから楽しみである。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る