定年バックパッカー海外放浪記

2016年5月3日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年生まれの62歳。横浜生まれ、神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

広州ー昆明ー大理ー麗江ー香格里拉ー欽徳ー梅里雪山ー西双版納ー建水
(2016.2.4-3.17 42days 総費用12万4000円)

春節の狂乱帰省ラッシュは沈静化?

 2月5日夕刻長距離バスは昆明市バスターミナルに到着。広州に比較して肌寒い。昆明市は海抜1900メートルである。最新鋭の地下鉄に乗り、さらに徒歩25分で昆明中心街にある大きな国際青年旅舎(ユースホステル)にチェックイン。欧米系のバックパッカーがほとんどいないことに気づいた。どうも季節的にまだシーズンオフであるため、外国人旅行者は少ないとレセプションで聞いた。夜の街は観光客で溢れかえっているが春節休暇を利用した中国人観光客であるという。

 春節には自分の故郷に里帰りして一族全員で新年を祝うというのが中国伝統の慣例であると理解してきたが、近年は春節以外にも国慶節や黄金週間の休暇で帰省できるし核家族化が進んでいることもあり、必ずしも春節に帰省しない人も増えているとの説明に納得。実際に昆明滞在中にレストランで食事しているときに隣り合った家族連れなどに聞いてみると春節に家族で旅行しているという回答が多かった。また学生のグループ旅行も頻繁に見かけるが話してみると春節は帰省しないで旅行をエンジョイするという。中国経済の発展により春節の過ごし方も多様化しているようだ。

韓国式はブランドなのか?

美容整形医院の韓国人院長の宣伝ポスター

 昆明の洒落たブティックが並ぶファッション街を歩いていたら眼鏡をかけて微笑んでいるぺ・ヨンジュン的オジサンの写真が何枚も選挙ポスターのように掛かっていた。「韓辰整形」という整形美容院の院長先生らしい。ポスターには“韓国院長毎日在院”と書いてある。どこの都市でも韓国を売り物にした整形美容院があり、それなりに繁盛している様子だ。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る