BBC News

2016年4月22日

»著者プロフィール

世界的に愛され強い影響力を発揮した米ミュージシャンのプリンスさんが21日午前、ミネソタ州の自宅で急死した。57歳だった。死因はまだ明らかにされていない。

広報担当は「深い悲しみと共に、伝説的かつ代表的なパフォーマー、プリンス・ロジャース・ネルソンの死亡を発表します」とコメントを出した。

ミネソタ州カーバー郡のオルソン保安官は、現地時間午前9時43分(日本時間午後11時43分)ごろ、救急出動要請を受けて急行したところ、ペイズリー・パーク・スタジオのエレベーターで意識不明の成人男性を発見したと文書で発表した。救急救命士が心肺蘇生法など救命措置を施したが、午後10時7分に死亡が宣告されたという。

警察が事実関係を調べている。死因はまだ明らかにされていない。22日に検死が予定されている。

プリンスさんは新譜「HITnRUN Phase Two」を昨年12月に発表し、今月半ばまでツアーを続けていた。15日にはジョージア州でのライブ公演から数時間後、自家用機がイリノイ州に緊急着陸。プリンスさんは病院に搬送されたが、数時間後には退院した。

訃報を知ったファン数百人がペイズリー・パークの前に集まった。オバマ米大統領はツイッターやフェイスブックで、「世界は今日、創造的なアイコンを失った」と悼み、ミシェル夫人と共にプリンスの急死を悲しむ世界中のファン数百人の列に加わると書いた。大統領はさらに、プリンスは「誰よりも強い、勇敢で、創造的な魂の持ち主だった」と称えた。

音楽界からも、追悼の言葉がツイッターなどに溢れた。交際していたこともあるマドンナさんは、「世界を変えたビジョンの持ち主」と呼び、ナイル・ロジャースさんは「うちのツアーバスでは涙と愛が溢れてる」と書いた。ボーイ・ジョージさんは「こんな最悪の日はない。プリンス安らかに。泣いてる!」と書き、ライオネル・リッチ―さんは「信じられない。完全にショック状態だ。素晴らしい思い出がたくさんありすぎる」と書いた。ミック・ジャガーさんは、「無限の才能」の持ち主で「革命的な芸術家、偉大な音楽家、素晴らしい作詞家」と称えた。

アリ―サ・フランクリンさんは米MSNBCに対して、「完全にオリジナルで、唯一無二の存在だった。本当に、プリンスは1人しかいない」と悲しんだ。

プリンスさんは1958年生まれ。若いころから作曲や演奏を始め、7歳で最初の曲を作ったと言われている。40年に及ぶキャリアで30枚以上のアルバムを発表。「1999」「Purple Rain」「Sign O'the Times」「Let's Go Crazy」「When Doves Cry」など数々のメガヒットを飛ばした。レコード販売枚数は1億枚以上に及ぶ。その音楽はロック、R&B、ソウル、ファンク、ポップスを組み合わせたもので、広い支持を集めた。

1984年には主演映画「パープル・レイン」でアカデミー賞の作曲賞を受賞。他の歌手にも曲を提供し、1990年にシャネイド・オコナーが歌った「Nothing Compares 2U」は世界的に大ヒットした。

インタビュー嫌いの秘密主義でエキセントリックと言われることも多かった。ワーナー・ブラザースと契約内容でもめて、名前を発音不可能なシンボルマークに変更したこともあった。

2004年には「ロックンロール名誉の殿堂」入り。「(音楽の)ルールブックを書き換えた」と評価された。

新しいテクノロジーとの関係は二転三転した。2000年には音楽共有サービスのナップスターでシングルを発表したが、後にインターネットは「完全に終わった」と宣言し、主要な音楽配信プラットフォームへの曲提供を拒否した。

BBCのマーク・サベッジ記者は、プリンスさんを「壊れた家庭出身の音楽的天才」と呼び、「スタジオでは誰もプリンスを止められなかった。けれども本当の魔法は、ステージで起きた。観客を誘惑し、気取って、からかった。そうやって観客が熱狂するや、研ぎ澄まされた結晶のように美しい静けさでこちらを打ちのめした。プリンスを観るのは本当に喜びだった」と称える。

(英語記事 Prince, singer and superstar, dies aged 57 at Paisley Park)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36108611

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る