BBC News

2016年4月28日

»著者プロフィール

米大統領選での共和党候補の指名を目指すテッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)は27日、副大統領候補に元ヒューレット・パッカード最高経営責任者(CEO)のカーリー・フィオリーナ氏を選んだと発表した。

フィオリーナ氏自身も共和党から大統領選に立候補していたが、今年2月のニューハンプシャー州での予備選で下位に終わり撤退した。その後、クルーズ氏支持を表明し、各地の選挙運動にも参加していた。

主要政党の候補は通常、党候補としての指名を獲得した後に副大統領候補を発表しており、この段階で発表するのは異例。

クルーズ氏は、フィオリーナ氏が「何度もガラスの天井を突き破ってきた」と述べ、「一貫とした、勇気のある戦士だ」と賛辞を送った。

女性のフィオリーナ氏とタッグを組めば、党候補の指名争いでトップを走る実業家ドナルド・トランプ氏を追うクルーズ氏には追い風になるかもしれない。トランプ氏は女性を貶める発言で非難を集めており、フィオリーナ氏がその対象になったこともあるからだ。

トランプ氏はフィオリーナ氏について、「彼女の顔を見てみろ。だれが投票する? 次の大統領があの顔になると想像できるか」と述べた。

一方のフィオリーナ氏は、「トランプ氏が何を言ったか、国中の女性がはっきりと分かっていると思う」と応じた。

クルーズ氏は、インディアナ州で開いた支持者集会でフィオリーナ氏を紹介する際、トランプ氏の発言をほのめかし、フィオリーナ氏が「礼儀正しさと品位」をもって対応したと述べた。

フィオリーナ氏のヒューレット・パッカードCEO時代には、3万人が解雇されており、フィオリーナ氏も取締役会によって解任されている。フィオリーナ氏は自分が会社を「救った」と主張している。

フィオリーナ氏は2010年にカリフォルニア州から上院議員に立候補したが、落選している。

トランプ氏の息子、エリック・トランプ氏はツイッターで、クルーズ氏の副大統領候補の発表について「必死な行動」とツイートした。

一方、クルーズ氏の支持者集会でフィオリーナ氏は、選挙運動での移動に使うバスの中でクルーズ氏の娘たちと過ごした時間を歌にして歌った。

フィオリーナ氏は、「ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンは同じコインの裏表だ」とし、「メディアがどう言おうと」クルーズ氏の選挙運動はまだ終わっていないと述べた。

(英語記事 Ted Cruz picks Carly Fiorina as running mate)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36157104

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る