書籍詳細

独楽園
薄田泣菫著

詩集『白羊宮』などで象徴派詩人として明治詩壇に一時代を劃した薄田泣菫は、大阪毎日新聞に勤めてコラム「茶話」を連載し、好評を博する。人事に材を得た人間観察から、やがて自然や小動物を対象にした静謐な心境随筆へと歩をすすめ、独自の境地を切り拓いた。本書は泣菫随筆の絶顛であり、心しずかに繙くとき、生あるものへの慈しみと読書の愉悦とに心ゆくまで浸るにちがいない。

<書籍データ>
◇文庫、236頁
◇定価:本体667円+税
◇2009年12月21日発行

<著者プロフィール>
薄田泣菫(すすきだ・きゅうきん)
詩人・随筆家。本名は薄田淳介。1877(明治10)年、岡山県生れ。岡山県尋常中学校(現・岡山県立岡山朝日高校)を中退、上京し、独学する。帰郷して詩作に勤しむ。99年、第一詩集『暮笛集』を刊行。『ゆく春』『白羊宮』などの詩集で、蒲原有明とともに泣菫・有明時代を築く。大阪毎日新聞に勤め、コラム「茶話」を連載し好評を博する。パーキンソン病に罹患、晩年は口述筆記により執筆(本書も口述筆記による)。1945(昭和20)年没。随筆集に『完本茶話』(全三巻)、『泣菫随筆』(ともに冨山房百科文庫)、『艸木虫魚』(岩波文庫)他多数。

 

独楽園

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号(11月20日発売)

特集
国立大学の成れの果て

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号

特集
棟梁たちの明治維新 神戸・姫路の木造建築

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。