それは“戦力外通告”を告げる電話だった

2016年5月12日

»著者プロフィール
著者
閉じる

高森勇旗 (たかもり・ゆうき)

元プロ野球選手

1988年生まれ。富山県高岡市出身。中京高校から2006年横浜ベイスターズに高校生ドラフト4位で入団。田中将大、坂本勇人、梶谷隆幸やと同学年。12年戦力外通告を受けて引退。ライター、アナリスト、マネジメントコーチなど引退後の仕事は多岐にわたる。

 アメリカでは、次の日に違うチームにいることなど日常茶飯事だった。同年12月にヤクルトと契約し、7年振りに古巣へ復帰した。

 13年からの2年間、往年の活躍ほどではないにせよ、その存在感は徐々に取り戻しつつあった。しかし14年10月、球団から戦力外通告を受けた。

 「俺自身、最後はヤクルトで終えるつもりもあった。でも、あまりにも突然でね。このままじゃ辞められないって気持ちが強かった」

 岩村は独立リーグに所属する、福島ホープスの選手兼任監督として現役を続行することを決めた。

 「東日本大震災があったあの年、俺は仙台にいた。そこでは不甲斐ない成績を残してしまった。やり残したことがある。復興の象徴であるこのチームをなんとかしたいと思った」

 福島ホープスのキャンプ地を訪れると、マウンドにはバッティングピッチャーをする岩村の姿があった。投げ終えるとノックを打ち、選手が引き上げると、グラウンドを黙々と整備する。

 「何ていうかさ、原点だよね。昔はみんな、こうやって野球やってたんだからさ。大切なことを思い出すよね」

 そう語る岩村の目が、少しだけ優しくなった。

 昨シーズン、選手としては10試合の出場にとどまったが、打率は5割を超えた。それでも、自身の成績には全く興味を示さない。

 「今は1人でも多くNPBに選手を送り出すこと、福島ホープスを地元に根付かせること、これしか考えていない」

 その目はまた、勝負師の目に戻っていた。

 「ここに来るとさ、『あぁ、また野球バカに戻れるな』って思うよね」

 野球界のトップを走り続けてきた男は、走ることをやめるつもりはない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2016年5月号より

 

関連記事

新着記事

»もっと見る