BBC News

2016年5月26日

»著者プロフィール

バラク・オバマ米大統領が27日、現職大統領として初めて被爆地・広島を訪問する。しかし謝罪はしないと言明している。だが日本の人たちはそもそも、謝罪してほしいと思っているのだろうか? BBCの大井真理子記者が広島から報告する。

「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」

広島平和記念公園の原爆死没者慰霊碑には、こう刻まれている。「過ち」は誰が犯したものかは、特定されていない。

しかし10代で初めてここを訪れた時、私はこれを「私たち、日本が」二度と過ちを繰り返さないという意味に受け止めた。1945年8月6日に米国による史上初の原爆投下に至る、戦争の過ちを繰り返さないと。

侵略者を厳しく批判する他の戦争博物館とのあまりの違いに、驚いたものだ。

広島と長崎の破壊は、特に米国内では、第2次世界大戦の継続を食い止めたものとしてかねてから正当化されてきた。ハリー・トルーマン米大統領は当時、原爆が究極的には人命を救ったのだと繰り返した。

「過ち」は米国だけでなく「人類全体」が犯したものだというのが、広島市の公式見解だ。

広島と長崎の原爆投下を経験し、戦後の苦しい時代を生き抜いた人たちの間でも、大半は謝罪を求めていない。

広島、長崎で被爆した人たちを対象にした共同通信の調査では、78.3%が原爆投下への謝罪を求めないと回答している。特に、謝罪要求が大統領訪問の妨げになるならばという懸念もある。

日本人はそれよりも、目下の問題を気にかけているようだ。インターネットでは、沖縄の米軍基地の軍属や兵士による犯罪についてオバマ氏の謝罪を求める声の方が多い。

その一方で、たとえ日本が敗戦国だとはいえ、罪のない市民十数万人の命を奪った行為について日本は謝罪を求める資格があるだろうという意見もある。

広島出身の弁護士、落合洋司氏は「謝罪できるならしてほしい、という気持ちは私にも正直あります」と認める。

落合氏の曾祖父と祖父2人は、原爆投下後の市内を家族を探して歩き回ったために被曝し、放射線関連の病気で死亡した。

「けれども恨みつらみを言い募って謝罪、謝罪と繰り返しても、では何がどうなるのかと私も考えています」と落合氏は言う。「亡くなった、苦労した人々の犠牲を無にはしたくない、今後のために生かしてほしい、そういった思いを、オバマ大統領は分かってくれる人だという思いを、おそらく多くの人は抱いているでしょう。今後の核廃絶、世界平和へとつながる広島訪問であってほしい」。

その一方で、生き残って戦後の苦しい時代を生き抜いた人たち、一家が全滅してしまった人たちは、感じ方が違うかもしれないと落合氏は指摘する。

「なぜ、どうして、非戦闘員をここまで大量に殺傷する必要があったのかと、今でも恨めしく思う人々は多い」ことを忘れてはならないと落合氏は念を押す。

落合氏の78歳の父親、芳雄さんもその1人で、「オバマ大統領は当然謝るべきだ。謝らなくてよいという人が多いのは、それだけ戦後生まれが多いからだ」という意見だ。

さらにもちろんこの問題に関係して、第2世界大戦中の残虐行為について謝罪を求める近隣諸国の要求に、今の日本が応える必要があるのかという激しい議論も尽きない。

ジャーナリストの池田信夫氏は、「原爆が投下されたときはオバマ氏は生まれてもいなかったので、彼は何の責任も負っていない」のだから、オバマ氏は謝罪しなくていいはずだと書く。さらに、中国や韓国が日本に要求する謝罪についても、「同じことが安倍首相にもいえる」と書いている。

大阪市の橋下徹前市長は最近、「今回のオバマ大統領の広島訪問の最大の効果は、今後日本が中国・韓国に対して謝罪をしなくてもよくなること」とツイートした。

日米はかつて敵同士だったが、今では揺るぎない同盟国同士だ。その両国の間に70年前に起きたことはもちろん、オバマ氏が日本に滞在する間、人々の念頭に行き来する。

オバマ氏の歴史的な広島訪問は、日本が第2次世界大戦において被害者であると同時に加害者でもあったことを、決して無視するものではない。しかし生存する被爆者の多くは、「過ち」が二度と繰り返されないよう努力してきた自分たちの取り組みを補完する訪問になるよう、期待を抱いている。それが誰による「過ち」だったにせよ。

(英語記事 Do Hiroshima residents even want an apology?)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-36386241

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る