読書

2016年6月4日

»著者プロフィール

ヒト型ロボットベンチャー『SCHAFT(シャフト)』の元CFOで、日本で初めてGoogleに会社を売った経験を持つ加藤崇さんの著書『無敵の仕事術 君の人生をドラマチックに変える!』に関するインタビュー。vol.1では「特別な人間でなくても、大きな成果はあげられる」というお話をお聞きしました。しかし実際のところ、どうすればそんなに大きな成果をあげることができるのでしょうか?その核心に迫りました。

大きな成果を出したいなら、とにかくダイブする!

―― 大きな成功をおさめるためには、何が一番重要だと思いますか?

加藤崇(以下、加藤) 「怖いと思っても覚悟を決め、ダイブする」ということです。とにかく飛び込んでみることが重要だと思います。

―― 多くの若者にとっては、「ダイブしたくてもできない」というのがおそらく本音のところですよね。

加藤 そうだと思います。「何か大きなことをやってやりたい!」という熱い思いを持つ若者は多くいますが、なかなか一歩踏み出すことができないんですよね。僕も、飛び込もうと決断する時は恐怖で身がすくむんです。だけど、僕はその恐怖を乗り越えることができた。じゃあ、どうして僕はチャレンジングな環境に飛び込むことができたのだろう?と考えてみたんです。

―― 加藤さんがダイブできたのはどうしてだったんですか?

加藤 ひたすら考えて出てきた答えは、僕の場合「ダイブするきっかけ」が必ずあったということです。僕が怖いと思いつつもダイブできた時には、必ず自分以外の誰かに対して「一肌脱いであげたい」という強い感情があったんです。「この人のために何かしてあげたい」みたいな感覚です。僕に火をつけてきたのは理屈ではなくて、他人への強い共感だという結論に達しました。

―― なるほど、ダイブするために必要なのは「この人のために何かしてあげたい」という強い気持ちですね。

加藤 そうですね。書籍でも触れましたが、シャフトを立ち上げた時もヒト型ロボットの技術者の情熱に非常に共感したことがきっかけでした。しかし、他人に対する「何かしてあげたい」という強い気持ちだけでは、成功につながるとは言い切れません。

―― 成功につなげるためには、どのようなことが必要だと思われますか?

加藤 ダイブしたあとには、その仕事に関する知識やノウハウ、ビジネスセンスなどの最低限必要なスキルを、自分で身に付けていく必要があると思います。例えば、僕がコンサルティング会社で初めてのM&Aを経験した時も、知識や経験は圧倒的に不足していました。何しろ初めての経験ですからね。でも、M&Aの交渉は待ってくれませんから、状況を進めながらも自分で知識を蓄えるしかないんです。だからこそ、書籍にも書いたような勉強法で知識を獲得していきました。

―― 飛び込む場所は自分にとってチャレンジングな環境ですから、知識や経験が足りないこともしばしばありますよね。

加藤 誰だって、最初はそうだと思うんです。だからこそ、学ぶことが重要なんですよね。「何かしてあげたい」という強い思いを持ってダイブし、その中でさまざまな知識を身につけることで、最終的に成功を収めることができる。そして、その先にはもうひとつだけ大事なことがあります。成功を収めた時には、「自分はやったぞ!」と手放しで思いっきり自分を認めてあげることです。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る