地域再生のキーワード

2017年4月9日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、東京証券部、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長などを務める。11年からフリーに。熊本学園大学招聘教授。近著に『国際会計基準戦争 完結編』(日経BP社)。

手づくりへのこだわり

 もちろん、いくら需要の掘り起こしをやっても、目新しさだけでは顧客はつなぎとめられない。誰もが納得する「良いモノ」「本物」でなければ世界には通じないのだ。

中村酒造場の建屋

 中村さんは今も徹底した「手づくり」の芋焼酎にこだわり続けている。

 原料の麹はもちろん、芋から水にいたるまで、すべての素材を厳選して仕込みに入る。水は地下水をくみ上げているが、「ほんの数キロ上流に行くだけで、まったく味が変わる」と中村さんは言う。

 鹿児島には113の焼酎蔵があるといわれる。今から15年ほど前の焼酎ブームの中で、設備投資を行って生産量を一気に拡大させた蔵も少なくない。

 かなりの工程を機械化したところもある。そんな中で、中村酒造場は、創業時から使うカメや蒸留設備が今も残り、それを大切に使っている。

 中村酒造場の製造工程のほとんどは機械に頼らない。麹を小箱に敷き詰めるのも、室に入れて並べて発酵させるのもすべて手作業だ。さらにそれを伝来のカメに移したり、木棒でかき混ぜるのも手で行う。早朝からかなりの重労働だ。

 機械で撹拌すれば簡単に済むように思えるが、菌や酵母が生きている焼酎作りでは、その日の気温や湿度で微妙な手加減が必要になる。

早朝から行われる麹作り

 

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る