BBC News

2016年6月3日

»著者プロフィール

北海道警などは3日午前、行方不明になっていた7歳児とみられる男児を発見したと発表した。5月28日から北海道七飯(ななえ)町の山中で行方不明になっていた北海道北斗市の小学2年、田野岡大和君(7歳)と両親が確認した。自ら「大和です」と名乗り、目立ったけがはないという。

複数報道によると3日午前7時50分ごろ、北海道鹿部町本別の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で、自衛隊員が男児を発見した。行方不明になった場所から約4キロ離れた隊員用宿舎にいた大和君は、元気そうな様子で名前を名乗った。空腹だと言い、自衛隊員が渡した水を飲み、おにぎりを食べた。健康状態確認のため、函館市内の病院に搬送された。

大和君は、ひとりで山の中を歩き28日夜には宿舎にたどりついていたと話しているという。

大和君の父、貴之さんは3日正午前に市立函館病院前で会見し、「私の行きすぎた行動で息子に大変つらい思いをさせました。学校関係者や捜索にあたっていただいた方々にご迷惑をおかけしました。深くおわび申し上げます」と述べた。さらに「息子には、つらい思いをさせて本当にごめんな、と言いました。息子はうん、とうなずいてくれました。今までも愛情をいっぱい注いできたんですけれども、今まで以上に息子と一緒に、ともに息子の成長を見守っていきたいと思います」と話した。

大和君は5月28日、鹿部町の公園を家族と日帰りで訪れた。両親によると、小石を人や車に向けて投げたため「しつけのため」として林道で車から降ろした。数分後に戻ったが、いなくなっていたという。両親は当初、「山菜採りの最中にいなくなった」などと説明していた。

警察や消防、陸上自衛隊などが連日、100人以上の態勢で捜索していた。

(英語記事 Japanese boy missing in Hokkaido 'found alive')

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36441658

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る