世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2016年6月16日

»著者プロフィール

 ニューヨーク・タイムズ紙は5月12日付社説で、タリバンとの政治交渉を実現するためにパキスタンに圧力をかけるべき時だと主張しています。社説の要旨、次の通り。

 9・11から15年になるがアフガニスタンの戦争は終結していない。責任の大半はパキスタンにある。330億ドルを支援し関係再構築の試みを何回かしてきたが、パキスタンは虚偽に満ちた、危険なパートナーのままだ。

責任はパキスタンにある

iStock

 アフガン駐留米軍の兵員数がどうなろうと、問題の核心は長期の平和はタリバンとの交渉によってしか達成できないということである。その交渉のカギを握るのはパキスタンだ。

 パキスタンの軍隊と諜報機関は長年タリバンとハッカニ・ネットワークを支持してきた。それでパキスタンの権益を守り、同時にインドの影響力増大を防ごうとしてきた。米国の圧力によりパキスタン軍は最近一部地域で対タリバン軍事作戦を行ったが、ハッカニは未だ自由に動いている。専門家によればパキスタン軍はハッカニをタリバンの指導部に組み込むことを目論んでいるという。

 パキスタンのやっている二重のゲームに長年米国は不満を持ってきたが、それは一層悪くなっている。コーカー上院外交委員長は8機のF16のパキスタン売却に対する米国援助付与を差し止めたが、賢明なことである。パキスタンは米国の援助なしで戦闘機を購入することはできるが購入額は約3.8億ドルから7億ドルに増える。

 アフガニスタンのガニ大統領もパキスタンに対する姿勢を硬化させている。ガニはタリバンとの交渉のためにパキスタンと関係改善に努めてきたが、暴力の増大を受けて見切りをつけた。4月にガニはパキスタンが同国内でタリバン指導者に軍事行動をとらない場合は安保理に提起するといった。

 パキスタンに圧力をかけるべきだが関係断絶は賢明でない。米国とパキスタンは引き続き諜報を共有しているし、パキスタンは米国の無人機の使用を許している。パキスタンは世界で最も急速に核兵器保有を増やしているので、米国は対話を維持し核兵器が過激派に渡らないようにする必要もある。

 昨年のアフガニスタン文民・軍人の死者数は2001年のタリバン崩壊以来最大になった。2014年に大統領に就任したガニはカルザイよりは信頼できるが、同政府は政治抗争、汚職、財政枯渇、高い軍人犠牲者数のために十分機能していない。

 このような情勢のためオバマは米軍を現状で維持し、場合によっては政策を変更してタリバンとの直接的な戦闘をすることにするかどうかにつき難しい決断を迫られている。16カ月前オバマは「米国の歴史の中で最も長い戦争は責任ある終結に近づいている」と述べたが、それは楽観過ぎた。如何にタリバンを政治交渉に引き込むことができるか。それはパキスタンによる戦争助長を止めさせることができるかどうかにかかっている。

出典:‘Time to Put the Squeeze on Pakistan’(New York Times, May 12, 2016)
http://www.nytimes.com/2016/05/12/opinion/time-to-put-the-squeeze-on-pakistan.html

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る