海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年6月14日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

トランプ陣営の運動員と遭遇

坂道の多いサンフランシスコでの戸別訪問(筆者撮影)

 サンフランシスコのフランクリン・ストリートをジャクソン・ストリートの方向に歩いていると、突然、半袖のポロシャツを着てサングラスをかけた白人男性が語りかけてきたのです。

 「クリントン陣営で戸別訪問をしているのですか」

 クリントン陣営の帽子を被り、ヒラリーの「H」のイニシャルが入った青色のTシャツを着ていたので、筆者が運動員であると認識できたのでしょう。

 「そうです」

 こう答えると彼は最後の1枚になったトランプ候補のパンフレットをくれたのです。

 「私はトランプ陣営で戸別訪問をしています。あなたの戸別訪問はいかがですか」

 彼が質問をしてきました。

 「サンダースは強いです」

 前日の戸別訪問では、サンダース支持者の数がクリントン支持者のそれを上回っていたので、ついそう語ってしまったのです。

 (しまった。トランプ陣営に言うべきではなかった)

 そう思っていると、トランプ陣営のこの運動員も彼の戸別訪問の印象を述べたのです。

 「この地域は、サンダース支持者が多いですね。サンダースを応援するバンパーステッカーをたくさん見かけます」

 米国では支持候補を応援したり、対立候補を批判するステッカーを車のバンパーに貼るので、バンパーステッカーと呼んでいます。

 「トランプ陣営も戸別訪問をしているのですか。トランプはもう予備選挙に勝ったから戸別訪問を行う必要はないですよね」

 筆者が質問を投げかけると、運動員はこう答えたのです。

 「いいえ、本選の準備をしているのです」

 そう言うと、彼は即座に以下のように言い直したのです。

 「予備選挙と本選の両方の準備を行っています」

 いずれにしても、トランプ陣営は本選の準備を開始したという意味です。続けて、この白人男性の運動員は次のように語ったのです。

 「トランプ陣営は、クリントンがサンダースに勝ってもらいたいと思っています。トランプはサンダースよりもクリントンに勝つチャンスがありますから」

 確かに、「トランプ対サンダース」の仮想対決では、サンダース上院議員がリードしています。政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティックス」による各種世論調査の支持率の平均値(16年5月6日-6月5日)を見ますと、サンダース上院議員がトランプ候補を10.4ポイント引き離しています。ところが、クリントン候補は、トランプ候補に対して支持率の平均値(16年5月13日-6月8日)で3.8ポイントのリードです。

関連記事

新着記事

»もっと見る