海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年6月14日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

 「サンダース現象はオバマ現象のようなので、トランプはサンダースには勝てないかもしれません」

反トランプのサンダース支持者の若者(筆者撮影@カリフォルニア州オークランド)

 この運動員は、クリントン候補よりも若者から圧倒的な支持を得ているサンダース上院議員を警戒していたのです。

先を行くトランプ陣営

 「あなたはどうしてトランプを支持しているのですか」

 筆者が質問を続けると、彼はこう回答したのです。

 「政治家には飽き飽きしています。変化が欲しいのです。私はトランプの通商と税金政策を支持しています」

 「NAFTA(北米自由貿易協定)とTPP(環太平洋経済連携協定)に反対なのですね」

 筆者が確認をすると、運動員は次のように語りました。

 「そうです。自由貿易に反対です」

 今回の共和党候補指名争いでトランプ候補は、自由貿易と製造業の激減及び雇用の喪失を結びつけて議論を行い、支持を得てきました。

 「あなたはこれから戸別訪問をしなければならないですよね」

 この運動員はそう語ると、フランクリン・ストリートを筆者と逆の方向へ歩いて行ったのです。

(トランプ陣営は、クリントン陣営よりも一歩進んでいるな)

 そう思いながら、戸別訪問を再開しました。クリントン陣営の標的となっているクレイ・ストリート及びワシントン・ストリートの有権者のアパートを訪問した時、さらにその印象は強くなったのです。すでにトランプ候補のパンフレットが玄関のドアに挟んでありました。

 パンフレットには、どのようにして「アメリカを再び偉大な国に戻す」のかに関して、経済、移民、安全保障、米憲法修正第2条及びに退役軍人の5つのカテゴリーに整理してありました。第1に法人税の最高税率を15%に引き下げる、第2に国境の壁を建設しメキシコ政府に費用を支払わせる、第3に軍備の強化と近代化を図る、第4に市民の銃の保持並びに携帯の権利を守る、第5に退役軍人への基金を集める、です。

 クリントン陣営には、オバマ陣営が集めた12年米大統領選挙及び各州の民主党候補が収集した14年米中間選挙における有権者に関するデータが存在します。しかし、同陣営には戸別訪問を中心とした地上戦を戦う実動部隊が少ないために、豊富なデータを活かしきれていないのです。同陣営は、サンダース陣営で運動をしている若者が加わることを強く望んでいるのです。

関連記事

新着記事

»もっと見る