BBC News

2016年6月16日

»著者プロフィール

米フロリダ州オーランドのテーマパーク「ディズニーワールド」の人工湖「セブン・シーズ・ラグーン」で15日、オレンジ郡警察はワニに水中へ引きずり込まれた2歳男児とみられる遺体を発見したと発表した。男の子は14日夜、浅瀬で遊んでいたところを、家族の目の前で水中に引きずり込まれた。

オレンジ郡のデミングス保安官は、潜水士たちが遺体を発見したと発表。男の子はネブラスカ州から家族と来ていた、レイン・グレイブズちゃんだと明らかにした。正式な身元確認はまだだが、レインちゃんに間違いないと断定している。

男の子が被害に遭って以来、警察は捜索の過程でワニ5匹を捕獲し殺処分している。捜索隊はセブン・シーズ・ラグーンにつながる湖や池の水系を、超音波機器を使い捜索していた。

ネブラスカ州エルクホーンから遊びに来ていた家族は両親と子供3人。湖の岸辺近くで休憩していた時に、ワニに襲われた。

人工湖の岸には「水泳禁止」の注意書きがあるが、男児は水辺で遊んでいただけで泳いでいた様子はないと、ジェフ・ウィリアムソン警察報道官は話していた。

息子を助けようとした父親は、腕に軽傷を負ったという。

ディズニー社広報担当は、「衝撃を受けている」とコメントしている。

フロリダ州では州内全域にわたりワニが生息しており、同州の野生動物担当官たちはワニはフロリダの湿地や沼、川、湖といった生態系の「基本的な一部をなしている」と話す。ワニによる州内の死者数は1948年以来、22人という。

(英語記事 Orlando alligator: Body of boy seized by alligator found)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36545544

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る