WEDGE REPORT

2016年6月24日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『銀盤の軌跡』(新潮社)などの著書もある。

なぜか疲れてきたニューヨーカーたち

ニューヨークの地下鉄内で眠りこけるニューヨーカーたち(筆者撮影)

 ところが。

 ここ10年ほどで、ふと気がつくと、ニューヨークでも電車で居眠りをする人の姿が目につくようになってきた。

 特に月曜の朝などは、大人も子供も週末の疲れかダルそうに目をつぶり、隣の人にもたれかかりそうになっている人もいる。好意的に考えると、それだけニューヨークの地下鉄も安全になったということだ。

 それと同時に、老人たちに席を譲ろうとする若者の数が減った。お年寄りが乗り込んできても、みんなスマートフォンなどを見て知らない顔をしている。

 以前は若い男性は、席があっても座ろうとしない人も少なくなかった。席は年寄りと女子供のためのもの、という毅然とした姿勢がカッコよく、見ていて惚れ惚れしたものである。

 でも今では、若い男性も大またで電車に乗り込んできてわれ先にと席に座る。

ニューヨーカーが疲れているワケ

 その理由は、おそらくニューヨーカーも疲労がたまっているからではないか。平均的な通勤時間が、以前よりかなり長くなってきているためだ。

 筆者がニューヨークに移住した1980年当時、学生でもマンハッタンに住むのは普通のことだった。イーストビレッジなど探せばお手ごろなアパートはいくらでもあったし、エレベーターなしのビルなら、さらに家賃は安かった。

 だがこの30年あまりで、マンハッタンの家賃は10倍近くに高騰した。

 現在マンハッタンで1ベッドルーム(寝室プラスキッチン、リビングルーム)の平均家賃は、日本円にして30万円ほどである。Studioと呼ばれる、いわゆるワンルームでも一月20万以下のところを見つけるのは困難だ。

関連記事

新着記事

»もっと見る