BBC News

2016年6月16日

»著者プロフィール

カナダ下院は15日、国歌の英語歌詞を性別中立なものに変更するという法案を可決した。与党・カナダ自由党のモーリル・ベランジェ議員が提案した。法案が成立すれば、「オー、カナダ」の歌詞にある「sons(息子たち)」が「us(我々)」に変わる。

歌詞修正法案は今後、上院で可決される見通しだが、上院の夏季休会前に成立するかは不透明だ。ベランジェ議員は昨年、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断され、病状は進行している。このため法案の支持者たちは、法案成立を議員が見られない恐れがあると懸念している。

ジャスティン・トルドー首相は昨年10月に就任して以来、男女平等を推進してきた。

国歌「オー、カナダ」の歌詞変更をめぐり、カナダ国内では激しい議論が続いてきた。

同様の法案が2010年に提出された際には、当時与党だった保守党が法案を否決した。

(英語記事 Canada MPs back gender-neutral changes to national anthem)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36547058

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る