BBC News

2016年6月17日

»著者プロフィール

英北部ウエストヨークシャー警察は16日、労働党のジョー・コックス英下院議員(41)が男に撃たれ、刺されて死亡したと発表した。地元バーストルの対話集会で有権者と意見交換していた同日午後1時前に、男が近づき繰り返し発砲し、倒れた議員を数回刺して逃走した。警察は数分後に現場近くの通りで、犯人とみられる男を取り押さえ逮捕した。

コックス議員は近くの主要都市リーズの総合病院に救急搬送されたが、同日午後に死亡した。

事件を目撃した男性はBBCに対して、犯人が議員を襲う直前に2度、「英国第一!」と叫ぶのを耳にしたと話した。BBCの取材で、男は「トミー・メア」という名前だと明らかになった。

コックス議員は、オックスファムなど複数の慈善団体での人道活動を経て、昨年春の総選挙で初当選。女性問題やシリア問題に注力し、過激派勢力「イスラム国」(IS)のシリア拠点空爆をめぐる昨年12月の議会投票では棄権した。EU(欧州連合)残留を支持していた。議員の殺害を受けてEU離脱派・残留派双方とも、23日の国民投票に向けた運動を中断した。

夫のブレンダン・コックスさんは、「(妻は)自分を殺した憎しみと戦うため団結してほしい」と望むだろうとコメントを発表した。

デイビッド・キャメロン英首相、労働党のジェレミー・コービン党首をはじめ、各界から追悼の言葉が寄せられている。

労働党のコービン党首は、コックス議員を「多くの人に深く愛されていた同僚」と呼び、その「恐ろしい殺害に」国中が衝撃を受けるはずだと述べた。さらに「ジョーは、私たちの民主主義の根幹をなす公務を果たしながら亡くなった。公職に選ばれた者として奉仕すべき人たちの声を聞き、その人たちを代表していた」と強調した。

「彼女がどのようにして、なぜ亡くなったのか、これから問いただし答えを見つけていくことになる。しかし今のところはひたすら、ジョーの夫ブレンダンと2人の幼い子供たちに思いを寄せるばかりだ。子供たちは母親を失ったまま大きくなるわけだが、自分たちの母親が何をして、何を達成して、何を掲げていたか、誇ることができる」

英国で現職の下院議員が殺害されるのは1990年以来初めて。その時は、イアン・ゴウ議員が北アイルランド独立派組織の攻撃で死亡した。

襲撃を目撃したカフェ店主クラーク・ロスウェルさんは、「大きな風船が破裂したみたいな、バンという音」を聞いたと話した。「それで振り返ると、白い帽子をかぶって上着を着た50代の男が銃を持っていた。旧式みたいに見える銃を手にしていた。女の人を一度撃って、また撃ってから、地面に倒れて、また彼女の顔のあたりを撃った」。

「周りにいた人たちがこの男を抑えようとして、格闘していたが、男は今度はナイフを取り出して。狩猟ナイフのようなものを。それで何回も繰り返し、女の人を刺した。周りでは大勢の人が悲鳴を上げて、現場から走って逃げていた」

事件当時、現場の図書館の隣のカフェにいたヒセム・ベン・アブダラさん(56)は、悲鳴を耳にして外に出たと話す。

アブダラさんは、「とても勇敢な男の人が、白い野球帽をかぶった男を取り押さえようとしていたが、野球帽の男がいきなりバッグから銃を取り出した」と話した。銃は「自家製」に見えたという。

アブダラさんによると、男を取り押さえようとしていた男性は銃を目にしてからも格闘を続けたが、男は後ろに下がりコックス議員に発砲したという。

「銃を手にして一歩下がった男は、撃って、また撃って、撃ちながら地面を見下ろして、倒れた(議員を)蹴とばしていた」

バーストルの聖ピーター教会では、コックス議員をしのぶ集会が開かれ、数百人が出席した。取材したオリビア・リッチウォルド記者によると、あらゆる宗派・信仰の人たちですべての席は埋まり、通路や壁際にも大勢の人が立って、ろうそくの灯りを前に黙祷していた。多くの人が静かに涙を流し、強い衝撃と耐え難いほどの悲しみをあらわにしていたという。

英王室は、エリザベス女王が議員の夫にお悔やみの手紙を送ると明らかにした。

キャメロン首相は、コックス議員の襲撃を受けて「とても心配している」とツイートし、さらに訃報が伝わると「ジョー・コックスの死は悲劇だ。熱心で思いやり深い下院議員だった。夫ブレンダンと幼い2人の子供たちに思いを寄せている」とツイートした。

ケリー米国務長官は「民主主義を大事に思い、民主主義を信じるすべての人への攻撃だ」とコメントした。

コックス議員はウエストヨークシャー・バトリー出身。2015年春の総選挙で初当選した。1995年にケンブリッジ大学を卒業後、複数の労働党議員の政策顧問を務めたのち、慈善団体オックスファムに入り、後に政策責任者となった。さらに慈善団体「セイブ・ザ・チルドレン」や子供への暴力防止に取り組むNGO「NSPCC」などで活動した。議員としては、コービン党首擁立に協力したほか、シリア問題や女性の権利擁護に取り組み、シリア支援の超党派議員団のひとりだった。シリアのIS拠点空爆をめぐる議決では、棄権した労働党議員5人のひとりだった。

EU支持者で、15日にはボブ・ゲルドフ氏率いる残留派の船団に家族と参加する写真をツイートしていた。

(英語記事 Jo Cox MP dead after shooting attack)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36556438

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る