2008年12月号
2008年12月号

特集:二十一世紀の湯冶旅三泊四日で行く三朝温泉

そこで三たび朝を迎えると、 なぜだか元気になるという 古くからの湯治場が鳥取にあると聞いた。 そこに湧く放射能泉の効果だといわれている。 先年、肺がんを患い完治を宣言されたものの、 健康でいるための方法があるなら 積極的にチャレンジしようと考えを変えた。
お酒はたしなむ程度にし、煙草は止めた。 そんな私に人生の大先輩が 「三朝を試せ」とおっしゃったのだ。 どうやら今世紀に入ったあたりで 新しい放射能泉浴の方法が見つかったのだそうだ。 試してみるに如くはない。

車窓歳時記
ひろ さちや
ウイスキー

今月の旅指南
兵庫県赤穂市・赤穂義士祭ほか

特集
二一世紀の湯治旅
――三泊四日で行く三朝温泉

加田 昇・取材/文 門馬央典・写真
●前説・伝説が物語る三朝温泉の「コンセプト」
●一日目・湯の癒し「依山楼の養生ミスト」
●二日目・自然の癒しと人の癒し
●三日目・土地神に愛されたヒト

今を決めたあの時
吉永みち子・文 テラウチマサト・写真
小林幸子 歌にみちびかれて

個人美術館ものがたり 
赤瀬川原平・文 川上尚見・写真
熊谷守一記念館――まったく慌てたところのない絵

ひとときエッセイ「そして旅へ」 
青木奈緒
車窓のオンとオフ

伊勢、永遠の聖地 
千種清美・文/写真
神さまに感謝の真心を捧げる

万葉から吹く風 
辻井 喬・文 井上博道・写真
万葉とモダン

粋を継ぐわざ 
田中敦子・文 渞 忠之・写真
「手植えブラシ」田中久継

名作のひととき 
中西 進・文 林 義勝・写真
和歌山・源流の乳への祈り――有吉佐和子『紀ノ川』

ちょっと寄り道うまいもの 
森枝卓士・文/写真
水車の里の残り香 武蔵野うどん

鉄道の殿堂 
梅原 淳
日本最古の駅舎・旧長浜駅舎

芭蕉の風景
小澤 實
上御霊神社 京都市上京区

まほろばのひかり
岡本彰夫・談 打田浩一・写真 安藤寿和子・聞き手
「おん祭」と奈良人形

旅の小箱 fromJR東海、JR西日本
●名古屋の冬の風物詩「タワーズライツ2008」開催中
●「京都をおけいこ」母娘で一緒に体験の旅へ
●東京駅一番街に「おみやげプラザ」誕生!
●無料動画配信サイト「万葉集ココロ・ニ・マド・ヲ」を開設
●キャンペーン開催中。日本の美が息づく北陸へ!
●ちょっと使いたい時に便利。カーシェアリング「エコ乗りくらぶ」

お電話からの申し込みお問い合わせ 0120-34-3746 午前10時~午後5時(土日祝日を除く)
最新記事の一覧 WEDGEInfinityへ

「ひととき」の一部の記事は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて記事全文を読むことができます。