BBC News

2016年6月22日

»著者プロフィール

生活費が世界一となった香港

米コンサルティング会社マーサーがまとめた「2016年世界生計費調査 都市ランキング」によると、香港が世界で最も生活費のかかる都市となった。

前年を含む近年の調査ではアンゴラの首都ルアンダが1位になることが多かったが、今回は現地通貨の為替レートの下落で順位を落とした。

スイス・チューリッヒとシンガポールはそれぞれ3位と4位で前年と変わらずだった。東京は順位を上げ5位となった。

マーサーの調査は、企業が海外駐在員の経費を計算する助けとしてまとめられている。

調査対象は世界の209都市で、生活費の算出には、住居費、交通費、食費、被服費、娯楽費など200項目が使用される。

コンゴの首都キンシャサが6位と、初めて10位以内にランクインし、上海、スイス・ジュネーブ、チャドの首都ンジャメナ、北京と続いた。ロンドンは順位を5位下げて、17位となった。

マーサーは、「不安定な金融市場と、世界の多くの地域で見られた弱い経済成長」が順位に影響した、と述べた。

調査で最も生活費が安い都市だったのは、ナミビアの首都ウィントフックで、南アフリカのケープタウンがそれに続いた。

(英語記事 World's priciest cities for expats revealed)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/36593844

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る