BBC News

2016年6月24日

»著者プロフィール

ツイッター時代の英国で選挙といえばおなじみになったハッシュタグが「#DogsAtPollingStations」。欧州連合(EU)離脱か残留かを問う23日の国民投票でも、各地の投票所に犬がいた。ツイッターにはこのハッシュタグを使った写真の投稿が相次ぎ、時には猫も、そしてイタチまでが登場した。

写真を共有してくださった皆さん、どうもありがとうございます!

英南西部ウェールズ・カーディフでは、ウェルシュ・スプリンガー・スパニエルの「ダスジー」が飼い主リアノン・ウィリアムズさんと投票所に。

「メイシー」が暮らす英南西部サマーセット・ウィンカントンの農場に、臨時投票場が設けられた。

大丈夫だよ「ブローディ」! よくあることだから。北部ストックポートの投票所で、ゴールデンリトリーバーの「ブローディー」。

ロンドン・リッチモンドで「ファウスト」。「犬は投票できないってどういうこと」と言っているかどうか。

南部サリー・ヒンチリーウッドで「オリノコ」。

「アルバス」は飼い主のトニーさんと共に、南東部バークシャー・オルダマストンの投票所へ。

中西部スタッフォードシャー・タムワースでは、投票所になった小学校に猫も現れた。ハッシュタグ「#CatsAtPollingStations」にも投稿が相次いだ。

そして湖水地方の投票所には、イタチの「アティカス」も登場(訳注・イタチ=pole-catなので、原文では「poll-cat」とダジャレを。poll=投票。polling station=投票所)。飼い主のアリソン・キャトラルさんによると、「鋭い切り口の持ち主ですから」と。

(英語記事 It's barking and it's back #DogsAtPollingStations)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-36612876

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る