海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年7月6日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

 今回のテーマは、「トランプのリーン選挙運動」です。英語の「リーン」には「ムダのない」という意味があります。製造業におけるリーン生産方式とは、製造工程で徹底的にムダを省きコストを減らす生産管理手法です。人間に喩えますと、贅肉がついていない状態です。事実上の共和党候補となった不動産王ドナルド・トランプ候補は、自身の選挙運動はムダがなかったと主張しました。

 本稿では、まず共和党候補指名争いでみせたトランプ候補のリーン選挙運動について説明し、次に同候補とコーリー・ルワンドウスキ元選対本部長が展開した従来型でない革新的な運動について分析します。そのうえで、トランプ陣営が犯した戦略ミスを指摘します。

トランプ氏が被る野球帽(筆者撮影)

トランプ候補のリーン選挙運動とは

 訪問先のスコットランドで行った記者会見で、トランプ候補は共和党候補指名争いを振り返り、トランプ陣営がムダのない選挙運動、即ち、「リーン選挙運動」で勝利を収めた点を強調しました。少ないスタッフ及び支出で指名争いを勝ち抜くことができたのです。同候補によれば、指名争いで費やした金額は合計で5500万ドル(約56億5000万円)でした。ちなみに、米メディアによりますと、予備選挙の途中で撤退したジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事は、1億5000万ドル(約154億円)を集め、そのうち1億2000万ドル(約123億円)を使ったと言われています。リーン選挙運動は、コストを削減しながら最大の効果を得ようとする、まさに経営者の発想なのです。同候補は、有権者はムダのない選挙運動で勝てる候補を大統領に望んでいると語り、トランプ陣営の効率の良い運動と「小さな政府」を重ね合わせてメッセージを国外から発信したのです。

 共和党候補指名争いにおけるトランプ陣営の選挙運動はムダを排除した効率的な運動であり、従来型のそれとは異なっていました。では、従来型と非従来型の選挙運動はどのような点が相違しているのでしょうか。以下で述べていきましょう。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る