BBC News

2016年7月4日

マーク・マーデル、BBCラジオ「今週末の世界」司会

シェイクスピア悲劇との比較は、もはやありきたりだ。「ジュリアス・シーザー」や「マクベス」、ひいては「コリオレイナス」と、あまりにも似ているので。

しかし今回の政変はシェイクスピアというよりは、ハロルド・ピンターの不条理劇に近いと言えるかもしれない。

威圧的な沈黙。慇懃無礼(いんぎんぶれい)なやりとり。ひとりの男が自信を失い、それがもうひとりに流れ込む様子。そして、圧倒的な支配を求めて情け容赦なく力を追求する姿。

劇作家を志す人には、またとない題材だ。既知のことと私が取材で知った内容を合わせて、ことの顛末“保存版”をご説明する(文中敬称略)。

○23日木曜

国民投票当日。

マイケル・ゴーブ司法相とボリス・ジョンソン前ロンドン市長(現・下院議員)は演説原稿をひとつだけ用意して、床に就いたと知らされる。敗北演説の原稿だ。

○24日金曜

現地時間午前4時45分。ゴーブ邸で携帯電話が鳴る。

ゴーブ夫人のサラ・バインはデイリー・メイル紙のコラムで、夫の電話が鳴ったと書いた。

さらに、続くやり取りは次の通りだったと。

「マイケル、聞いてよ。勝ったんだよ!」

「本当か」

サラ・バインはコラムでこう書いた。「マイケルは離脱運動で目立つ立場にいた。ということはこれから1700万人への指示を彼が、私たちが、実行しなくてはならないわけだ。それはとてつもない重大責任だ」。

さらに携帯電話が狂ったように鳴り止まなくなったと。

サラ・バインはさらにこう書く。「『ドアを吹き飛ばすだけって言ったのに』と、自分としては最高の(つまり、あまり上手ではない)『Italian Job』のマイケル・ケイン物まねで私は言った。『破れてボロボロじゃないか』」。(訳注・1969年映画「Italian Job」は邦題「ミニミニ大作戦」)

ボロボロの亀裂は、デイビッド・キャメロン首相の辞任表明でさらに広がる。

首相がテレビの生中継で辞任すると発表する様子を、ボリス・ジョンソンは自宅で見ていた。数人のスタッフが周りにいた。

消息筋によると、この勝利の時こそ、すべてがおかしくなった瞬間だった。

別の内部関係者によると、ボリスはこの時、銃を突き付けられたような気分だったという。すでになかなかいい暮らしをしているのに、自分は本当に総理大臣になりたいのか?

首相の辞任表明を見ながらチーム・ボリスは、ゴーブが首相に名乗りを上げるのではないかと考えていた。ゴーブは、オズボーン財務相と話をしていたわけだし。

この後、総理大臣を目指した男は、世間に向けて何も語らなかった。

○25日土曜

場面転換。「バシッ」という音と共に、クリケットのボールを木製のバットが叩くクロースアップショットだ。なかなかお上品な場所で、なかなか楽しげなクリケットの試合に、ボリスは興じていた。

舞台は、英中部にあるスペンサー伯爵(故ダイアナ元妃の弟)の邸宅「オルソープ」だ。

ボリスはその後、自分の田舎の別邸でなかなか楽しいバーベキューに参加したらしい。

マイケル・ゴーブも参加し、自分たち2人はドリーム・チームだと告げた。ボリス・ジョンソンは自分が首相になれば、財務相は君だと言い、ブレグジット(EU離脱)交渉は一任すると約束した。

しかし保守党主流派は、イートン出身者はやめておこうと判断したのだろうか。

とある消息筋は私にこう言った。エリートが嫌われるこの時代に、キャメロン首相に続いてまたしても、イートン校とオックスフォード大学の出身者を党代表に選ぶのは止めておこうと、そう判断したのだと。しかもあの「ブリンドン・クラブ」の写真に一緒に写っている人間を、立て続けに選ぶのは。

(訳注――「ブリンドン・クラブ」は、オックスフォード大の上流階級や金持ち男子学生が集う社交クラブ。キャメロン首相とジョンソン議員は学生時代、同時期にブリンドン・クラブに所属し、1987年の写真に一緒に写っている)。

ということは誰かがゴーブに、不謹慎な行為をするよう、促したのだろうか?

○27日月曜

・朝

ぐるぐる回る輪転機の、ありきたりなショット挿入は止めてもらいたい。

とはいっても次の場面は、デイリー・テレグラフ紙に寄稿したボリス・ジョンソンのコラムなのだが。

「離脱に投票した人たちは主に、移民問題への不安感に突き動かされていたと言われる。私はそうは思っていない(略)英国の人たちは今後も、EUに行って働くことができる。EUで暮らし、旅行し、勉強し、家を買い、定住することができる」とジョンソンは書いた。

これが転回点だったのだろうか? これではマイケル・ゴーブにとって、緩すぎたのか? ブレグジットらしさが足りなかったのか?

とんでもない。26日午後6時の時点では、細かい修正点を指摘するほかは「とても、とても良い」とほめるメールを送っていたのだから。

・午後5時

ボリス支持の下院議員の一覧が、ゴーブに届けられる。

とある消息筋は私に、党首選の初期段階で意味があるのは数字だけだと話した。左派も右派も、老いも若きも、離脱派も残留派もともかく引き込んで、数を確保しないとだめだと。

○28日火曜

・午前

場所はロンドンのパーク・レーン。 オーストラリア出身の選挙戦略の名手、サー・リントン・クロスビーの事務所で会議が開かれた。

ゴーブの若き腹心、ドミニック・カミングスの出席に、チーム・ボリスは驚く。参加させないよう、あらかじめ要求してあったからだ。

続いて、不穏な空気の最初の兆候が表れた。

サラ・バインが夫マイケル・ゴーブにあてたメールが、めぐりめぐってマスコミの手に届いたのだ。

「言いたいことはこれだけ。ボリスから具体的な言質を必ずとっておくこと。でなければ支持すると約束してはダメ」とメールには書いてあった。

「一歩も譲ってはダメ。頑固に徹するように」ともあり、さらに「詳細は後から相談すればいいけれども、言質をとっておかなくては交渉できない」と付け足してあった。

「何より、議員たちがボリス支持に回るには、今のままでは不十分だし、デイカーとマードック(デイリー・メール編集長とニューズ・インターナショナルの最高経営責任者)も直感的にボリスが嫌いだけど、あなたの能力を信じているからこそ、ボリス=ゴーブのペアを支持してくれるはず」

ルーパート・マードックはロンドンで、「マイケル・ゴーブがなれば嬉しい」と言い、「最も理念のしっかりした、最も有能な」候補だと称えた。

・午後6時

チーム・ボリスは、下院議員63人の支持を確保していると明らかにする。

○29日水曜

・午前

肝心要の1日だ。

ロンドンのビクトリア駅に近いグレイコート・プレイス10番が、ジョンソン=ゴーブ本部となる。

午後6時

チーム・ボリスは、下院議員97人の支持を「確実に」確保していると発表。

午後7時

ロンドン・ウェストミンスターで開かれた保守党議員のパーティーに、ボリス・ジョンソンが出席。

ゴーブ側から、パーティーでボリスは失態を犯し、支持を急速に失っているという情報が流れる。

ゴーブ陣営が特筆する失態とは、保守党の期待の星、アンドレア・レッドソム・エネルギー相に、支持と引き換えに財務相の地位を約束した手紙を、ボリス・ジョンソンが忘れたことだという。

チーム・ボリスは、これはありえない馬鹿げたことだと反論する。財務相ポストはすでに、ゴーブに約束していたのだからと。

チーム・ゴーブは、レッドソムには副首相職を与えるべきだと主張する。けれどもこのやりとりから、ゴーブ側はひとつの結論を得る。

ゴーブは、ボリスは軽率で集中力が足りない、方向性を欠いたミサイルのようだと考え始める。

・午後8時

ボリス・ジョンソンとマイケル・ゴーブとデイビッド・キャメロン首相はいずれも、ロンドンのハーリンガム・クラブのパーティに出席する。

この場でさらなる深謀遠慮が繰り広げられたのだろうか? この場でマイケル・ゴーブは愛想を振りまき、策謀を重ね、支持を取り付けて回ったのだろうか?

それともロビー活動を受けているのか。あるいはうわの空で孤立しているのか。同じ場には首相もいる。言葉を交わしたのだろうか?

国民投票に向けた運動期間中の別のパーティーで、サラ・バインとキャメロン首相を目撃したという人から、次のようなやりとりがあったと聞かされた。

サラ・バインが首相に近づいて「私たち、仲良し?」と尋ねると、首相は鋭い調子で「おたくのだんなをテレビに出すな。そうすれば仲良しだ」と切り返したのだという。

このやりとりを見た人は私に、「誰もが、これにはのけぞった。周りには人が大勢いたので」と話した。

・午後10時

ボリスはチーム・ゴーブの主要人物と一緒に会場を去り、演説原稿を書きに行く。

人生で最も重要な演説、首相出馬宣言の原稿だ。

・真夜中ごろ

チーム・ゴーブのひとりは何回か電話を受けた後、断りを入れてその場を後にする。

ゴーブはオズボーン財務相と話をしようとするが、連絡がつかない。

○30日木曜

・午前8時

司法省のドミニク・ラアブ政務次官が「サン」に、ボリスの首相就任を支持する記事を寄稿。

いわく、前ロンドン市長は「ハイネケン効果」を駆使できる、「普通の政治家では届かない部分の渇きも癒せる」人物だと。

ただし政務次官は、予定されていたBBCラジオ4の番組出演をキャンセルする。

・午前8時

ゴーブはスタッフに正式に、自ら首相を目指すと告げる。

・午前8時35分

ジョンソン=ゴーブチームの対策本部グレイコート・プレースに報道関係者が、ゴーブが鞍替えすると電話で伝える。

「ばかばかしい」というのが反応だった。

・午前8時40分

ゴーブからの電話をサー・リントン・クロスビーが受ける。グレイコート・プレースのスタッフは、ゴーブの言葉を唖然として聞く。

「みぞおちを蹴られたみたいな、最悪の感じだった。ゴーブは野心の塊で、ボリスなしでもやれると説得されたんだ。自分が首相になれると。ただひたすら権力が目当てだ」と関係者のひとりは話す。

・午前11時25分

ボリスが記者会見に登壇する直前、少人数の側近たちは、出馬は無理だと判断する。

・午前11時50分

ボリス・ジョンソンは、保守党党首選に出馬しないと発表する。

・午後

チーム・ボリスは怒り心頭に発している。

チームのひとりは、「サン」のトム・ニュートン・ダン政治編集長にテキストメールを送り、表現豊かにゴーブを色々と呼んだ上で、「最初からこのつもりだったんだ」と書いた。

「ひどいことになる」と。

別のボリス側近は、ゴーブについて「あいつは実はシオン・グレイジョイなんだ。少なくとも、同じような目に遭わせてやる」とメールで書いた。

「ゲーム・オブ・スローンズ」をご存じない方に解説すると、ドラゴンも出てくるあの政治陰謀ドラマにおいて、シオン・グレイジョイは拷問され、去勢され、さらに拷問され、ほとんど人間ではないものに成り果ててしまう役だ。

政治がこれほど面白いドラマになるのは、政治とは権力欲と絶え間ない野心の物語、シニシズムと信念のバランスの物語だからだ。

政治とは、容赦ない一撃をいつ放つか、それとも今は待つかを見極める作業だ。

それと同時に政治とは、人間の人格や内面性、そして誰もが内心に抱える不安にまつわる物語でもある。

政治とは、人の自信と、愛されたいという欲求の物語でもある。

今回の政変劇では、まさにその欲求がカギとなった。

愛されたいという欲求

ボリスが離脱派に回った理由は野心だけでなく、それと同じくらい愛されたかったからだろうと、多くの人が感じている。

通りすがりのタクシー運転手が面白がるような表情で「よお、ボリス」と叫ぶのを、側近たちは手放しで喜んだ。

しかし国民投票の後、ロンドンのあちこちで罵倒されブーイングされるのを、ボリスは喜ばなかった。

ボリスの計算の上では、自分は市民に拍手されるはずだったのだ。負けた側を選んで見事に負けた、よくやったと。そして次のキャメロン内閣で主要ポストをもらい、その次にはさらに重要なポストをもらうはずだったのだ。

自分は本当に乗り気なのか、そして自分に本当にできるのか、おそらく突き詰めて考えてはいなかったのだろう。

ボリス・ジョンソンは決して社交的ではないし、下院で広く人脈や友情を築いてきたわけでもない。

エリザベス1世の時代に国家反逆罪で処刑されたエセックス伯爵のように、ボリス・ジョンソンも「かき売りのおかみさんに挨拶し、自分を称える下世話な連中に控えめなお辞儀をした」というタイプだ。

そして国のエスタブリッシュメント、つまり王宮や裁判所には、処刑の権力があるのだと、エセックス伯と同様、忘れていたのだ。

ジョンソン陣営はマイケル・ゴーブを、マキアベッリ的な権謀術数の悪役として言い立てる。野心的な妻や側近たちに駆り立てられ、組織の内側から次々と盟友を滅ぼし、不実と裏切りによって権力の柱を這い上がろうとしているのだと。

ゴーブ側は、馬鹿げたことだと一蹴する。碇のようにどっしりと物事を安定させたのは常にゴーブで、物事は常に交渉と取引によって決まるだけ、今回は単に取引がうまくいかなかっただけだと。

ゴーブとしては、自分をなぞらえるならマクベスよりはもう少し穏やかな裏切りの場面を希望するかもしれない。たとえばシェイクスピアの「ヘンリー4世」で、若きハル王子が長年の遊び仲間フォルスタッフを、幼稚すぎると遠ざけた場面のような。

あまりにあっという間のことだったと、関係者のひとりは振り返る。怒ってというより、悲しみと共に。急転直下の出来事に押されて、全員が崖から墜落してしまったのだと。

とはいうものの、怒りは確実にある。それは間違えてはならない。次の幕は必ず開く。

関係者のひとりは私にこう言った。

「これでおしまいじゃない。ゴーブにはボリスが必要だったんだ。そしてボリスはまだ口を開いていない」

(英語記事 Tory leadership: Behind the scenes of Johnson-Gove drama)

提供元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-36700784

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る