書籍詳細

1万回の体当たり―タックルマン石塚武生 炎のメッセージ
大元よしき著

目次
立ち読み

元日本代表、伊勢丹や早稲田大学ラグビー部、常総学院ラグビー部での監督など「勝つこと」にこだわり続けてきた石塚氏が数年前から取り組んでいたのが、小学生、そして少年院の子供たちを対象にした「タグラグビー」。己に厳しく、人に優しい人柄は、子供たちから大人気だった。本書は、常に感謝と利他の心を持ち続けた石塚武生氏の「生きた証」であり、その熱い生き様は、閉塞感に満ちた現代社会へのメッセージでもある。

<書籍データ>
◇四六判並製、180頁
◇定価:本体1,200円+税
◇2010年1月20日発行
◇ISBN: 978-4-86310-064-0

<著者プロフィール>

大元よしき(たいげん・よしき)
スポーツ・歴史ライター。
1962年東京生まれ。東洋大学卒業。高校時代(保善高校)からラグビーを始め、2、3年時に全国大会に出場。大学卒業後も東急ストア、ミノルタを通じて17年間現役でプレー。弓道三段。現在、株式会社パッションキッズ代表取締役。NPO法人ヒーローズ理事。
著書に『ファイナルマッチ ~ノーサイドの時を迎えて』(大元夏樹名で発刊・文芸社)、『8人のキーマンが語る「ジャパンラグビー革命」』(上田昭夫氏との共著・アスペクト)、『一緒に見上げた空[自閉症児×元不登校児]武蔵野東ラグビー部の軌跡』(扶桑社)などがある。

 

 

 

1万回の体当たり―タックルマン石塚武生 炎のメッセージ

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年9月号

2017年9月号(8月20日発売)

特集
捨てられる土地 登記しない地権者、ツケを払う次世代

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年9月号

2017年9月号

特集
樽と桶 木の〝うつわ〟の味な話

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。