ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2016年7月11日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

 小中学校の食育授業などで、九九(くく)のように覚え込ませてしまうか、「守らないと致命的な病気になってしまいますよ」と脅された中高年が必死で覚えるか、しか身につかないのではなかろうか。日常業務に忙しいビジネスパーソンには、これとてハードルが高い。

一日に三〇の食材を食べる健康法を勧める

 では、そんなことをしているヒマが(やる気も)ないビジネスパーソンが「バランスよい食事」をとるためにはどうすればいいのか・・・。私が勧めるのは『一日三〇食品』を食べる方法だ。

 これはまったく根拠のない食事法ではない。2005年に『食事バランスガイド』が発表されるまで、厚生労働省が「健康に長生きするための食事法」として推奨していた方法である。年配のビジネスパーソンなら聞いたことがあるはず。

 その日食べた「食材」を、1つ、2つ、3つ・・・と数え上げていけばいい。小学生以上ならだれにでもできる方法だ。もちろん多少の数え間違いなど気にしなくていい。いたって簡単で、有効な食事法だと、私は今でも思っている。

 なぜこれが『食事バランスガイド』にとってかわられたのか? 基本的にはエビデンスがイマイチだったこと。つまり『一日三〇食品』を食べる方法よりも『食事バランスガイド』による食事法のほうが、たしかであるという科学的根拠が揃ったということ。

 ただし、絵に描いた餅よりも小さなきびだんごのほうが腹の足しになるように、まったく実行不可能な『食事バランスガイド』よりも、多少は実行可能性のある『一日三〇食品』のほうが、ビジネスパーソンにとっては有益であると、私は考える。

 『一日三〇食品』法の神髄は「食材の数」ではない。「できるだけ多種類の食材を食べる」という点にある。これを心がけよう。やってみるとわかるが、食材の数を増やすためには、野菜の種類を増やすしかテがない。「肉で3種類」とか「魚で5種類」とは至難の業。つまりは「多種類の野菜を食べよう」という提案になる。

関連記事

新着記事

»もっと見る