BBC News

2016年7月11日

»著者プロフィール
英与党の保守党党首選に出馬しているアンドレア・レッドソム・エネルギー担当閣外相が、子供のいないテリーザ・メイ内相より母親の自分の方が首相に適任だと述べたことについて、謝罪と釈明を繰り返している。英紙タイムズの取材に対する「母親」発言が広く批判されていたレッドソム氏は、デイリー・テレグラフ紙の記者に「テリーザにはすでに、傷つけたとしたら本当に申し訳ないと謝罪した」と話したという。9月に保守党党首、および英首相を決める党首選では、メイ内相が有利とされている。

 

この記事は、公開期間が終了しました。


以下のリンクにて、記事の本文をご覧いただけます。
(※「BBC NEWS JAPANのサイトが開きます。)
http://www.bbc.com/japanese/36761660

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る