ベストセラーで読むアメリカ

2016年8月30日

»著者プロフィール

 ・・・・the police departments of your country have been endowed with the authority to destroy your body. It does not matter if the destruction is the result of an unfortunate overreaction. It does not matter if it originates in a misunderstanding. It does not matter if the destruction springs from a foolish policy. Sell cigarettes without the proper authority and your body can be destroyed. Resent the people trying to entrap your body and it can be destroyed. Turn into a dark stairwell and your body can be destroyed. Destroyers will rarely be held accountable. Mostly they will receive pensions. And destruction is merely the superlative form of a dominion whose prerogatives include friskings, detainings, beatings, and humiliations. All of this is common to black people. And all of this is old for black people. No one is held responsible.

 「・・・・お前の国の警察は、お前の体を破壊する権限を与えられてきた。破壊が不運な過剰反応の結果なのかどうかは問題ではない。誤解から破壊が生じたのかどうかも関係ない。破壊が馬鹿げた政策のせいなのかどうかはどうでもいい。ちゃんと許可をとらずにタバコを売ると、お前の体は破壊されるかもしれない。お前の体を拘束しようとする人々に抗うと、お前の体は破壊されかねない。暗い階段に身を入れると、お前の体は破壊されうる。破壊者たちが責任を問われることはまれだろう。むしろ、破壊者たちはほとんどの場合、何事もなかったかのように勤め続け、退職した後は年金を受け取るだろう。また、破壊とは支配権の最上の様式にすぎない。支配権が持つ特権には、身体検査や拘留、殴打、辱しめることも含むのだ。黒人にとってこれらのことはすべて、当たり前のことだ。また、黒人にとって、これらのことはすべて昔からあることだ。誰も責任を問われないのだ」

 結局は、黒人の奴隷を利用して繁栄したアメリカにおいて、黒人差別がなくなるという楽観を筆者は持てないでいる。息子に呼びかける次の一文も印象に残る。

 Never forget that we were enslaved in this country longer than we have been free.

 「けして忘れるな。われわれはこの国で、奴隷であった期間の方が、自由の身になってからの時間よりも長いことを」

関連記事

新着記事

»もっと見る