書籍詳細

「文革」を生きた一知識人の回想
朱 沢秉 著  細井和彦・李 青 訳

目次
立ち読み

ごく普通の家庭に生まれ、両親や兄弟と暮らしていた少年・沢秉。
ある日、突然父親が逮捕された。母は病に倒れ、兄弟はバラバラに。学校でも目立たないように過ごすしか生きる術がなく、勉強したいのにすることも叶わず、ついには進学の夢さえも国に奪われた。失意の中、母は亡くなり、そして父は決して家族の元に戻ることはなかった……。いまも中国では触れられることのない「文革」。それに翻弄されたごく普通の家族の、衝撃の記録。

<書籍データ>
◇四六判並製、276頁
◇定価:本体1,600円+税
◇2010年2月20日発行
◇ISBN: 978-4-86310-067-1

<著者プロフィール>

朱 沢秉(しゅ・たくへい)
1947年南京生まれ。66年北京五中を卒業後、68年江西省南城県株良公社雲市村に下放される。72年春撫州師範学校に入学、翌年夏に南城県潯渓公社中学校教師となる。81年株良公社中学、86年南城県教育局、91年撫州第一中学に勤務。2007年定年退職。中国在住。
「江西文芸」「江西教育」「信息日報」「教師報」「江南詩詞」「当代散文」等の雑誌に、詩歌、散文を多数発表。

訳者プロフィール
細井和彦(ほそい・かずひこ)
鈴鹿国際大学教授。専門は東洋史、中国近現代史。共訳書に『蒋介石──マクロヒストリー史観から読む蒋介石日記』(東方書店)がある。

李・青(り・せい)
大谷大学准教授。専門は中国現代文学。著者の朱沢秉は叔父(母方)にあたる。著書に『楽しい中国語会話』(晃洋書房)がある。

 

 

 

「文革」を生きた一知識人の回想

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年9月号

2017年9月号(8月20日発売)

特集
捨てられる土地 登記しない地権者、ツケを払う次世代

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年9月号

2017年9月号

特集
樽と桶 木の〝うつわ〟の味な話

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。