BBC News

2016年9月16日

»著者プロフィール

グーグル・ストリートビューに撮影された英国の牛が、人間と同様に顔をぼかされていたことが分かり、ソーシャルメディアで話題になっている。

撮影されたのは、英ケンブリッジシャー・コーフェンの牛。ストリートビューが人間を映した際にはプライバシー尊重のために自動的に顔がぼかされる仕組みになっており、これがこの牛にも適用されたとみられる。

グーグルは2007年にストリートビューを開始。カメラを乗せた車が世界中の道路を撮影してまわる様子は、大々的に報道された。

プライバシー侵害の懸念に対応するため、通常は人間の顔を自動的にぼかすソフトウェアが使われている。

英紙ガーディアンのデイビッド・シャリアトマダリ記者が9月13日にツイッターでこれを指摘したところ、16日まで9000回以上リツイートされ、1万2000回以上「いいね」が押された。

シャリアトマダリ記者はツイッターで、「グーグルが牛のプライバシーを真剣に考えていることが分かって、大変結構だ」と書いている。

ウシ族の匿名性

カム川沿いで草をはむ牛の顔は、少し離れたところで撮影された写真でははっきり見えるが、より近いクロースアップになった時点でグーグルはぼかすことにしたらしい。

グーグルの広報担当は、「モーという声が聞こえて、何事かと思ったけれども、自動で顔をぼかす技術が少し熱心過ぎたようだ」と認めた。

「この牛がもーれつに有名になっても、嫉妬なんかしませんとも」

(英語記事 Google street view blurs cow's face in Cambridge

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37381761

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る