障害者アスリート~越えてきた壁の数だけ強くなれた

2016年9月26日

»著者プロフィール

 本堂はサニックスワールドラグビーユース交流大会2014で優勝し、U18関東選抜と日本選抜でU18香港代表に勝利を収めている。

 本堂の最大の武器は低く突き刺さるタックルである。小柄だが、その得意なタックルで女子ラグビーユース世代にしっかりと存在感を示した。

 現在、国内の女子ラグビー選手は本堂のように7人制、15人制どちらの試合にも出場するケースが多く、おおむね春から夏シーズンにかけては7人制の大会が行われ、それ以降は15人制の大会が開催されている。

 

大学入学、試練はすぐに訪れた

 日本体育大学への進学が決まった。

 ラグビー引退から日体大入学までの期間は再びボクシングジムに通った。走って、ウエイトトレーニングをやって、バンテージを巻いて、3分5ラウンドでサンドバック&ミットを叩き続けた。楽しかった。やはり自分の世界に浸りきれるボクシングが好きだった。

 入学までのほんの束の間ではあったが、ジム通いは大切な時間だった。

 入学してすぐに試練は訪れた。高校時代は自由に楽しく「とりあえず、がむしゃらにタックルにいけばいい」とか、「目の前の相手を倒せばいい」という感覚だけでプレーしていたが、大学で本格的にやるとなると、そんな安易な姿勢ではついていけなくなった。

 日体大は女子ラグビー界のけん引役であり、幾多の日本代表を輩出している名門である。サインプレーは豊富で、それぞれの役割と動き、タイミングなどが、かなり細部にいたるまで決められていて、その一つひとつを教え込まれた。

 感覚派だった本堂にとっては戸惑うことばかりだった。

 「高校生の頃はかなり自由にやっていましたから、それまでの環境とはまったく変わってしまいました。不慣れな集団生活ですし、もうどうしていいか……。入学して1カ月間くらいは慣れることができなくて、授業が終わってラグビー部の練習が始まるまでの時間は毎日のように泣いていました。どうやったらラグビー部をやめられるかな? なんて本気で考えていたんです(笑)」

関連記事

新着記事

»もっと見る