BBC News

2016年9月28日

»著者プロフィール

イスラエル前大統領で、1994年にノーベル平和賞を受賞したシモン・ペレス氏が死去した。93歳だった。複数のメディアが伝えた。

ペレス氏は2週間前に脳卒中で入院していた。一時回復したものの27日に容態が急変したという。

ペレス氏は1948年のイスラエル建国当時を知る数少ない同国政治家の一人だった。2度首相を務め、2007年から14年にかけ大統領職にあった。

1994年には、イスラエルと当時のパレスチナ解放機構(PLO)が前年に締結したオスロ合意への貢献を評価され、ノーベル平和賞を受賞した。

ペレス氏は生前、パレスチナ人はイスラエルの「最も近い隣人」であり「最も親しい友人」になることができると語っていた。

94年のノーベル平和賞は、後に暗殺されたイツハク・ラビン首相やパレスチナ指導者の故ヤセル・アラファト氏との共同受賞だった。

ペレス氏の長年にわたる政治活動は、イスラエル軍の前身である自警団ハガナーへの参加が出発点。ペレス氏はハガナーで人事や武器調達を担当していた。

ペレス氏は建国間もないイスラエルがフランスからミラージュ戦闘機を調達する契約をまとめた。また、秘密裡に進められた核施設の建設にも関与していた。

ペレス氏は、イスラエルが占領するヨルダン川西岸地区へのユダヤ人入植を当初支持していたが、その後、主要なハト派政治家の一人になった。パレスチナ人居住地で領土的な妥協をする必要性について頻繁に触れていた。

老齢にも関わらず、イスラエルとパレスチナ人の関係強化を目指す非政府組織「ペレス平和センター」を主な拠点として公的活動を続けていた。


ペレス氏の横顔

・1923年にポーランドのビシニエフ(現在のベラルーシ領)で生まれる。

・1959年にイスラエル国会(クネセト)議員に初当選。

・首相2回と大統領を含め、12の政権で役職を務める。

・政治活動の初期はタカ派として知られ、建国間もないイスラエルの武器購入の契約をまとめた。

・占領したパレスチナ居住地へのユダヤ人入植を認めた政権のメンバー。

・しかし、パレスチナ人とイスラエルの間で結ばれた初の主な協定となった1993年のオスロ合意では、主導的な役割を務めた。


(英語記事 Shimon Peres, former Israeli president, dies aged 93

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37492293

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る