ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2016年10月7日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

軽い筋トレを仕事や家事の合い間に

 では、ダイエットのためには有酸素運動だけでいいのだろうか? てっとり早く「消費カロリー量を増やす」という意味ではそれでいいのだが、有酸素運動をやり過ぎると、体脂肪も減るが筋肉量も落ちてしまう。周囲に本格的にマラソンなどをやっている人がいたらわかるだろうが、ガリガリともいえるほどにやせているはずだ。けっして健康的とはいえない。

 冒頭で「基礎代謝は増えにくい」と書いたが、基礎代謝量は筋肉量にも影響される。身体に筋肉がしっかりとついている人は 基礎代謝量が多いので消費カロリーが大きくなる。基礎代謝量は運動をしていないとき、つまり寝ているときでも消費するので、筋肉質の人は「消費カロリーの高い体質」であるといえるだろう。似てはいるのだが、体脂肪がたくさんついていても基礎代謝は上がらないので注意が必要。

 理想などを追求しないのがこのコラムなのだが、あえて「理想をいえば」筋肉をつける運動も心がけるほうがいい。とはいってもジムなどに通う必要はない(通ってもいいのだが・・・・)。自分の体重を利用した筋力運動・・・・軽いスクワットとか軽い腕立て伏せとかを心がけよう。

 これらの例はネットでいくらでも見つかるはず。肝心なことは、筋力運動は負荷をかけすぎないこと、辛くならない程度の時間で止めることだ。この運動自体で消費カロリーを増やそうとするのではなく、筋肉をつけて(筋肉量を落とさずに、というイメージのほうがいいかも)基礎代謝量の高い身体を維持するつもりで続けることだ。

 わざわざ「今から筋トレを始めよう!」と意気込むのではなく、通勤の途中で、会社の休み時間や昼食後に、家庭で家事の合い間や家事の最中に、「軽い筋トレをする習慣」を身につけよう。

 やはり運動も有酸素運動や筋肉トレーニングのどちらかに偏るのではなく、両方をバランスよく実行する、ということになる。

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る